イニシアティブへの参画

シチズングループは、製造業としての社会的責任や国際社会からの要請に応え、持続可能な社会の実現に貢献するため、国内外のさまざまなイニシアティブへ参加・賛同しています。

国連グローバル・コンパクトへの参加

シチズングループは、国連が提唱する「⼈権・労働・環境・腐敗防⽌」の10原則を軸とする「国連グローバル・コンパクト」への参加を2005年4⽉より表明しています。「シチズングループ行動憲章」改定の際など適宜照会するなど国連グローバル・コンパクトは、シチズングループのCSR 活動の基礎となっています。またシチズングループは、国連グローバル・コンパクト参加企業で構成されるグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)の9つの分科会「サプライチェーン分科会」「CSV分科会」「人権デューディリジェンス(HRDD)分科会」「人権教育分科会」「環境経営分科会」「SDGs分科会」「ESG分科会」「レポーティング研究分科会」「サーキュラーエコノミー分科会」「社内浸透研究分科会」に参加しています。各分科会では、有識者の講演会などCSR関連の最新動向や各社の事例を共有すると同時に、参加企業各社の幅広い業界における経験をもとに企業のCSR推進を支援する各種アウトプット制作に取り組んでいます。また分科会で得られた知⾒はシチズングループのCSR活動にも反映させています。

ロゴ

当社が制作に関わったアウトプット

サプライチェーン分科会
  • サプライチェーンにおける望ましいCSR活動のあり方
  • CSR調達入門書 -サプライチェーンへのCSR浸透-
  • CSR調達セルフ・アセスメント・ツール・セット

「国連グローバル・コンパクト」の10原則

人権

企業は、

  1. 原則 1: 国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重し、
  2. 原則 2: 自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである。
労働

企業は、

  1. 原則 3: 結社の自由と団体交渉の権利の実効的な承認を支持し、
  2. 原則 4: あらゆる形態の強制労働の撤廃を支持し、
  3. 原則 5: 児童労働の実効的な廃止を支持し、
  4. 原則 6: 雇用と職業における差別の撤廃を支持すべきである。
環境

企業は、

  1. 原則 7: 環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持し、
  2. 原則 8: 環境に関するより大きな責任を率先して引き受け、
  3. 原則 9: 環境に優しい技術の開発と普及を奨励すべきである。
腐敗防止

企業は、

  1. 原則10: 強要と賄賂を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである。

日本経団連「2030年30%へのチャレンジ」への賛同

ロゴ

シチズン時計は、2021年6月に一般社団法人日本経済団体連合会(以下「経団連」)の「2030年30%へのチャレンジ」への賛同を表明しました。「2030年30%へのチャレンジ」は、2020年11月に経団連が公表した「新成長戦略」で掲げた「2030年までに女性役員比率30%以上」という目標です。当グループは今後も引き続き、多様な人々の活躍促進に取り組み、ダイバーシティ&インクルージョンを推進していきます。

日本経団連「生物多様性宣言イニシアチブ」への賛同

ロゴ

シチズングループは、「経団連生物多様性宣言イニシアチブ」に賛同しており、当社の生物多様性理念は、同団体が掲げる生物多様性宣言の理念と一致しています。

SDGs達成への貢献

「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)は、2030年までに貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会などの社会課題の解決を目指して2016年にスタートしました。17の目標、169のターゲットからなるSDGsの達成には、国連に加盟する全ての国と人々が当事者意識を持ち、互いに協力し合いながら、行動を起こすことが必要と記しています。シチズングループは国際社会の一員として、「市民に愛され市民に貢献する」グループの事業を通じてSDGs達成を含む社会課題の解決を図り、持続可能な社会の形成に寄与していきます。そしてさらなる事業拡大を通じて、次の100年も継続できる企業を目指します。

SDGs
上へ戻る