有害化学物質の削減

環境配慮型製品を提供するシチズングループでは、製造工程においても有害化学物質の全廃、削減、代替を目指した活動を国内外で続けています。

有害化学物質の削減

シチズングループは、PRTR法対象化学物質(国内)を2018年度比で2024年までに10%削減、2030年までに45%削減する目標を策定し、工程の変更や代替物質への転換等の削減活動に取り組んでいます。2021年度は2018年度比2%減目標としましたが、コロナ禍による生産減の影響もあり、15.1%(15.2トン)の大幅な削減を果たしました。またグループでは有害化学物質の削減にも長年取り組んできており、塩素系有機溶剤などの全廃をすでに果たしています(下表)。
現在グループでは、国内でのPRTR取扱量の36.1%を占め、世界的にも規制が厳しくなると予想される1-ブロモプロパンの代替活動に注力しており、代替設備導入も含めた長期的な削減活動を通じて最終的には全廃を目指しています。なお当グループにおいて1-ブロモプロパンは国内での使用が約99%を占めることから国内拠点の削減活動に注力しています。2021年度の1-ブロモプロパン使用量は、2019年度使用量の約1.7%(0.5トン)の代替化に加え、余分な蒸発の抑制などの改善も行いながら、2019年度に比べ6.5トンを削減しました。

1-ブロモプロパンの次に取扱量の多い、キシレン、トリメチルベンゼンの削減にも重点的に取り組んでおり、その他の化学物質についても代替・削減活動を進めています。有害化学物質削減の目標達成のため、化学物質使用量の大きい時計事業や自動車部品事業における技術開発や設備更新を進めています。
なお、海外における環境リスク管理も重要事項であり、化学物質使用量のモニタリングを徹底し、削減活動に取り組んでいます。

有害化学物質の削減目標と実績(2018年度比)
目標 年度 実績
  • 2024年までに10%削減
  • 2030年までに45%削減
2019 8.1%(8.2トン)削減
2020 27.2%(27.5トン)
2021 15.1%(15.2トン)削減
これまでに使用を全廃した化学物質
対象化学物質 全廃した年度
塩素系有機溶剤 2008
代替フロン(HCFC)※機器中の冷媒を除く 2008
塩化第二鉄 2018
1-ブロモプロパンの代替・削減実績
年度 代替量 削減実績
2019 2018年度使用の6%(2.4トン)代替 8.5トン削減
2020 2019年度使用の1.6%(0.5トン)代替 2.0トン削減
2021 4.5トン削減

【事例紹介】1-ブロモプロパンの代替化

シチズン千葉精密

シチズン千葉精密では、1-ブロモプロパンを主成分とした臭素系洗浄剤を部品洗浄で使用していました。2019年度に500kg/年の使用実績がありましたが、設備導入も含めた代替化活動を推進し、2020年8月、炭化水素系の洗浄剤への代替を果たしました。
代替化にあたり、代替洗浄液ならびに洗浄機の選定、新規に順守すべき法規制への対応、品質の確保が必須でした。シチズングループが提供する製品は、厳しい環境性能が求められる装置内でも多く採用されており、洗浄剤の変更に伴い、低アウトガス対応やクリーンルーム対応といった装置性能への影響を評価する必要がありました。そのためサンプル評価などお取引先様にもご協力いただき、代替化を実現しました。

写真
写真

洗浄室内での洗浄作業

【事例紹介】PRTR対象物質削減への取り組み

シチズンファインデバイス

本社・河口湖事業所では、自動車部品の表面処理にPRTR対象物質(ふっ化水素及びその水溶性塩)を含む化学研磨液を使用しています。化学研磨液の使用量は、製品が液に浸漬する量(高さ)で製品ごとに条件が設定されていますが、化学研磨液の能力に余裕があることに着目し、槽をスリム化して化学研磨液の高さを維持したまま使用量の削減に取り組みました。2020年4月から変更に向けた実験を開始し、当初の計画通り1年間で約200種類におよぶ製品の条件変更を完了。使用量削減10%を実現しました。

グラフ
液面の高さ60mmで比較した場合、現状の槽では化学研磨液を8.7ℓ使用しますが、新型の槽では7.8ℓとなり、10%の削減が可能となります。
槽サイズの変更による作業性や品質面への影響はありません。
上へ戻る