健康・安全で働きやすい職場づくり

シチズン時計 健康宣言

2018年9月1日制定

シチズン時計は、市民に愛され親しまれるものづくりを通じて世界の人々の暮らしに広く貢献することを理念に掲げ、人権と多様性を尊重し、安全で働きやすい職場づくりに取り組むことを行動憲章に定めています。
この行動憲章に基づき、以下の基本⽅針を制定し、健康経営の実現に取り組んでいます。

  • 最も大切な経営資源である従業員の一人ひとりが、心身ともに健康で最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、人権の尊重、オープンなコミュニケーション、心身の健康促進および安全・安心な職場環境を作ります。
  • グローバルな健康課題への取り組みとして、海外出張者に対するHIVや結核、マラリアの三⼤感染症を含む安全情報の周知・発信等を⾏っています。
  • 万⼀の罹患に対しては、現地当局、医療関係者や各職場が連携し直ちに対応を⾏い、重⼤化や感染の予防や拡⼤に努めます。

組織体制図

健康経営優良法人2021認定取得

2021年4月1日

シチズン時計株式会社は日本健康会議より(経済産業省制度設計)「健康経営優良法人2021」に認定されました。3度目の認定になります。
本制度は、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。
当社は健康診断受診率100%、ストレスチェック実施率93.6%、喫煙対策など日頃より従業員の心身の健康管理には全社を挙げて取り組んでおり、その他にもがん検診等任意の健康施策に多くの従業員が参加し、一人一人健康増進への高い関心を示し、そのことが会社全体の活力につながっています。
今回は特に、女性特有の健康課題の取り組み、適正な労働時間の制度や施策、喫煙率低下活動、精密検査や任意健診の受診率の向上について、高い評価を受けました。

健康経営優良法人2020

労働安全の徹底

シチズングループの⾏動規範である「シチズングループ⾏動憲章」の第4条では「⼈権と多様性を尊重し、安全で働きやすい職場をつくります」と記載しており、安全衛⽣の促進について明記しています。これに基づき、2020年4⽉にシチズングループ安全衛⽣基本⽅針を制定しました。

安全衛生管理体制

シチズングループ主要6社では、法令で定められた安全衛生委員会を設置し、一部の会社では取締役を含む委員会により監督しています。
また、グループ安全衛⽣連絡会を年間2回開催し、個社の安全衛⽣管理活動の情報および労働災害の発⽣を起点に個社の安全衛⽣委員会が⾏った事故調査と対策に関する情報をグループで共有、グループ各社に⽔平展開することで、労働安全衛⽣環境の向上と労働災害の再発防⽌に取り組んでいます。
2020年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、安全衛生連絡会はグループ会社間でメール等による情報共有・意見交換の形式に変更しました。
また、重⼤事故(クライシス)に該当する労働災害についても、グループ各社へ情報を展開共有して、事故の未然防⽌に取り組んでいます。
現在、ISO45001認証を取得している事業所は海外の1事業所のみです。

労働安全性のリスク評価

シチズングループ主要6社では、新たに導⼊する設備や使⽤する化学物質に対して安全性のリスク評価を⾏っています。具体的には、新たな設備や装置の導入時には、設備安全審査会が安全性等の評価による事故や労働災害の未然防止を行い、新規の化学物質や代替化学物資の利用については、環境関連部門等とも連携し、安全衛生委員会での審議を経てから取り扱いを開始するようにしています。また、既存の設備、作業環境や使⽤化学物質等についても法定検査および⾃主検査を実施し、安全管理の徹底を⾏っています。

  • リスク評価:化学物質専⾨審査、設備安全専⾨審査(新規プロジェクト等も含む)
  • 法定検査:防災管理点検、作業環境測定、機械設備等定期⾃主検査

労働安全衛生に関する実績のモニタリングと管理

シチズングループ主要6社では、個社で安全衛⽣管理活動計画を策定して、定期的に進捗と実績をモニタリングしています。また労働災害の発⽣状況については、個社での管理に加えて、グループ全体を対象とするクライシス情報収集システムによって把握・管理を⾏っています。2020年度の労働災害発⽣状況は6件でした。2030年度末には業務上の休業災害ゼロを達成するべく、安全衛⽣活動の充実を図ります。

東京事業所の安全衛生活動

東京事業所では、安全衛⽣委員会が年間の安全衛⽣管理活動計画を策定し、従業員の安全と健康の確保・労働災害の未然防⽌に取り組んでいます。毎⽉開催する安全衛⽣委員会では、安全・健康・労働災害と対策に関する審議や情報の展開を⾏い、従業員の安全と健康に関するリスク低減を図りながら、現在は無災害⽇数(業務上死亡⼜は休業災害の未発⽣継続⽇数)1800⽇(2018年9⽉6⽇〜2023年8⽉10⽇)の達成を⽬指し活動しています。2020年度は、コロナ禍のため、イントラネットによる安全衛生情報の共有などの取組みを行いました。
また、防災⾯では、防災委員会による⼤規模な震災および⽕災を想定した総合防災訓練をはじめ、消⽕器・消⽕栓の操作訓練、油漏洩時の対応訓練を実施すると共に、安否確認⼿段の確⽴や防災備蓄品の確保などの体制を整備、従業員の防災意識の向上にも取り組んでいます。今後も安全衛⽣委員会と防災委員会を通じて従業員の安全と健康の確保および災害への備えを⾏っていきます。

総合防災訓練

総合防災訓練

大規模な震災を想定した総合防災訓練
(2019年度の実施状況)

健康保持増進活動

東京・所沢事業所では、各社安全衛生委員会のもと、従業員の健康保持増進活動の取り組みを行っています。東京事業所では、毎年「シチズンのメンタルヘルスケア」をテーマに産業医が衛生講話を行っていますが、2020年度は、コロナ禍の影響により、中止いたしました。健康管理室では、シチズングループのどなたでも参加できる催しとして、「ウォーキングキャンペーン」を開催し、気軽に楽しみながら、健康に目を向けていただく機会を提供しました。また、毎月喫煙場のパトロールと禁煙の動機づけとなるようなポスターの掲示を行い、禁煙を推進しています。
今後も健康保持増進活動を色々な形で実践し、従業員の健康増進に取り組んでいきます。

衛生講話
衛生講話
(2019年度の様子)

健康増進活動「ウォーキングイベント!」

シチズン時計マニュファクチャリング発⾜以来、⾵⼟醸成活動(Shine☆361)の中でも⽬⽟企画として毎年実施している全社イベントがこの健康ウォーキングです。毎年仮想のスタート&ゴールを決め、⾃分の累積歩数を距離換算し、楽しく確認しながらゴールを⽬指せる活動です。ちょっとした景品効果もあり、毎年⼤いに盛り上がっています。景品当選者からは喜びの声も上がっています。

健康保持・増進への取り組み

シチズン健康保険組合は、被保険者とその家族の健康保持・増進に向けて事業運営しています。

健康情報提供サイト『PEP UP』

当健康保険組合では、健康情報提供WEBサイト『PEP UP』を活用しています。このサイトから、健診結果に基づく「わたしの健康状態」や、健診結果から算出した「健康年齢」、各⾃の健康課題に合わせた「健康記事」、病院受診時の「医療費」やジェネリック医薬品の情報を確認できます。
更に、「ウォーキングラリー」や実年齢より健康年齢の若い人がPEPポイントをもらえる「健診結果改善チャレンジ」等の各種のキャンペーンも実施しており、健保組合加入者の健康づくりに役立てています。

特定保健指導のメニューの多様化

特定保健指導は、国から健保に実施が義務付けられており、40歳以上で生活習慣病リスクの高い方への生活改善アドバイスなどを行っていますが、新型コロナウイルス感染症拡大の為に個別面談・集団セミナー形式による実施が難しい状況です。そこでWEB形式の面談やオンライン・トレーニング形式による保健指導を実施して、保健指導対象者の健康改善や健康に対する意識改善を図っています。更に、40歳未満のリスクが高い⽅を対象に早目の対策も行っています。

第2期データヘルス計画、第3期特定保健指導

第2期データヘルス計画及び第3期特定健診・特定健保指導が共に2018年度より6年間の期間で進行中であり、2021年度は折り返し点となります。
当健康保険組合では専用分析ツールによって健保の分析・課題の抽出・対策の検討・実施を行っています。
新型コロナウイルス感染症拡大による受診控えの為、医療費は例年よりも少なめの進捗となっているものの、がんや生活習慣病に起因する疾病の医療費を削減することが課題となっています。
その施策として、各種検診への補助金支給(大腸がん・子宮がん他がん検診、脳ドック検診等)による検診率向上・早期発見、オンライン禁煙プログラムへの補助金支給による喫煙率の低減、健康・介護教室による健康リテラシーの向上などを行うことによって、医療費の削減を図っています。
また、データヘルス計画の分析から当健康保険組合は他の組合と比較して運動習慣の有る人が少ないことが指摘されており、ウォーキングラリー等運動イベントへの補助金支給により、運動習慣改善を図ります。
また、既に病院を受診してもなかなか改善できない方に対する重症化予防策も実施しており、少しずつ効果が現れています。

その他の取り組み

被扶養家族への特定健診の受診券無償配布など、今後も健診内容の一層の充実と定期健診及びがん検診率向上に向けた取り組みを行っていきます。