コーポレート・ガバナンスの強化

シチズングループのコーポレート・ガバナンス

シチズングループは社名の由来である「市民に愛され 市民に貢献する」を企業理念とし、地域社会はもとより地球環境と調和した永続的な企業活動を通して、社会への貢献とともに企業価値を向上させていくことに努めています。この企業目的を継続的に高めていくためには、経営の透明性確保と多面的な経営への監督機能が重要であると認識し、コーポレート・ガバナンスの充実に向けての取り組みを実施しています。

強化に向けた取り組み

シチズングループでは、グループ全体の事業目標の達成を通した持続的な成長を確実なものとするため、コーポレート・ガバナンスの一層の強化に努めています。世界の経済や社会がこれまでにないスピードで変化している中、直面する様々な社会課題に対応するために、シチズン時計が中心となり、グループ全体を管理・監督しています。

コーポレート・ガバナンス体制

シチズン時計は、事業内容に精通した取締役7名と独立性が高い社外取締役3名で取締役会を構成し、業務執行に関する決定と業務執行の監督を行っています。
また、監査役会制度を採用し、社外監査役2名を含む3名で構成しています。
経営の透明性を高めるために、任意の機関として、指名委員会及び報酬委員会を設置しています。指名委員会は、代表取締役、取締役社長及び取締役会長の選定に関する事項を審議し、取締役会に提案すること等を主な職務としています。
報酬委員会は、取締役が受ける報酬等の方針及び基準に関する事項を審議し、取締役会に対し勧告すること等を主な職務としています。
各委員会は、取締役会の決議によって選定された3名以上の取締役で構成されており、委員の過半数は社外取締役が占め、1名以上の代表取締役を含むものとしております。なお、各委員会の委員長は、委員の互選によって社外取締役から定めています。
各監査役は、監査役会の定めた監査方針や監査計画に従い、取締役会、経営会議及び事業ごとの会議等への出席、取締役等からの職務執行状況の報告や重要な決裁書類等の閲覧、業務及び財産の状況の調査等により取締役の業務執行の厳正な監査を実施すること等により、コーポレート・ガバナンスのさらなる充実に向けた取り組みを行っています。

従業員持株会

シチズングループでは、日本国内のグループ会社を対象に、従業員向けの福利厚生として持株会制度を導入しています。少額資金を継続的に拠出することにより、シチズン時計株式会社株式の取得を容易にし、資産形成の一助としております。会員となることで従業員の経営参加意識の向上につながり、また、安定株主としての側面も持ち合わせているため、企業防衛に寄与しています。

2021年3月31日現在
会員数 保有数 議決権比率
シチズングループ従業員持株会 2,146名 5,039,961株 1.61%