シチズングループ環境ビジョンと環境長期目標

シチズングループの環境への取り組み

シチズングループは、持続可能な市民社会の実現に向けて、グローバルな環境経営を推進してきました。2019年12月には、グループの環境に関する取り組みの根幹となる「シチズングループ環境方針」の改訂を実施しました。また2020年4月、CO2排出量を実質ゼロにする脱炭素化と持続可能な資源の利用をコミットメントすべく、「シチズングループ環境ビジョン2050」を改訂するとともに、新たに「シチズングループ資源循環ビジョン」を策定し、「シチズングループ環境目標2030」を見直しました。これらのビジョンおよび目標に基づき、さらに進化した環境への取り組みを進めて行きます。

シチズングループ環境ビジョン2050

シチズングループは、持続可能な市民社会の実現に向けて、グローバルな環境経営を推進します。

  1. 工場・オフィスからのCO2排出量を実質ゼロにすることを目指すとともに、バリューチェーン全体でのCO2排出量を地球温暖化が抑制できる範囲に抑えることに努め、脱炭素社会の実現に貢献します。
  2. グループ全体で、省資源化、3R、廃棄物ゼロエミッション、水資源の保全により、持続可能な資源の利用を図り、循環型社会の実現に貢献します。
  3. 有害物質排出や環境事故がない事業所として、地域社会とともに生物多様性保全を行い、安全・安心で心豊かな社会の実現に貢献します。

2020年4月改訂

シチズングループ資源循環ビジョン

2050年長期ビジョン

シチズングループは、資源循環は資源の枯渇を防ぐとともに気候変動対策としてバリューチェーン全体での温室効果ガス削減においても重要であると認識し、省資源化、3R、廃棄物ゼロエミッション、水資源の保全により、持続可能な資源の利用を推進し、循環経済の発展と循環型社会の実現に貢献します。

2030年に向けた中期重点施策
  1. 原材料の削減、持続可能な包装容器の使用、取扱説明書や製品カタログの電子化、森林認証紙や古紙の使用、輸送梱包材の環境負荷低減、工場・オフィスでの紙使用量削減など省資源化、3Rに取り組み、持続可能な資源の利用を推進します。
  2. 事業所から排出するプラスチック廃棄物の削減、包装容器のワンウェイプラスチックの削減に取り組み、プラスチックによる海洋汚染や地球温暖化の防止に貢献します。
  3. 水循環や洗浄水の削減など事業活動での水使用量、取水量の削減に取り組み、持続可能な水資源の利用を推進します。

2020年4月制定

シチズングループ生物多様性ビジョン

基本方針

シチズングループは、事業活動が生態系サービスの恩恵を受け、また、生態系に影響を与えていることを認識し、人と自然が調和し心豊かに安心して暮らせる持続可能な市民社会に貢献するため、グループ一体となって生物多様性の保全活動に取り組みます。

重点施策
  1. 自然をいつくしみ、自然と共生する気持ちを喚起する魅力的な環境配慮型製品やサービスを提供します。
  2. 生物多様性に配慮した事業所構内の緑化を推進します。
  3. 環境への取り組みについての情報を積極的に開示し、社会との生物多様性に関するコミュニケーションを深めます。
  4. 地域社会における環境保全活動や生物多様性保全活動を推進します。
  5. 全従業員に対して、生態系サービスの教育を実施し、生物多様性保全への理解を深めます。

2015年4月制定

シチズングループ環境目標2030

SGDs達成に向けたグローバルな環境経営を推進し、脱炭素社会、資源循環型社会、安心・安全で心豊かな社会の実現に貢献します。

  1. 地球温暖化対策の推進 (省エネ化、再エネ化、気候変動への適応)
    温室効果ガス排出量  スコープ1、2 30%削減(2018年比)
               スコープ3   15%削減(2018年比)
    再エネ比率   30%(国内)
  2. 持続可能な資源の利用の推進 (省資源化、3R、水資源の保全)
    再資源化率 90%
    水使用量 35%削減(2018年比)
  3. 環境リスクマネジメントの強化、環境事故ゼロの継続
    PRTR法対象化学物質 45%削減(2018年比)
  4. 全事業所で自然保護活動、地域環境活動の実施
  5. サステナブルプロダクツの提供、製品含有化学物質管理の強化

2020年4月改訂