事業活動と環境負荷・環境会計

グループ全体のエネルギー・化学物質などの投入量、CO2や廃棄物などの排出量を的確に把握し、計画的な環境負荷低減活動に活かしています。

2019年度環境目標と実績

「シチズングループ環境目標2030」の達成に向けた2019年度の環境目標と活動実績、並びに2020年度の環境目標を下の表に示します。2019年度は全ての重点項目について目標を達成することができました。2020年度も目標達成に向けて継続して取り組みます。

シチズングループ2019年度環境目標と実績

自己評価 〇:目標達成 / △:一定の達成 / ×:未達成
*2018年度基準
重点課題 2019年度目標 2019年度実績 評価 2020年度目標
地球温暖化
対策の推進

CO2排出量
 スコープ1、2 2.5%削減*

事業所の省エネ活動の推進
グループ統一スコープ3
算定ルール策定

CO2排出量
 スコープ1、2 6.1%削減*

事業所の省エネ活動の推進
グループ統一スコープ3
算定ルール策定

CO2排出量
 スコープ1、2 5%削減*
 スコープ3 2.5%削減*

TCFD提言への賛同
省エネ活動の推進

持続可能な
資源の利用
の推進

水使用量 2%削減*
取水量  2%削減*
再資源化率 81.5%

省資源化、3R活動の推進 高効率設備の導入

水使用量 10.4%削減*
取水量  10.7%削減*
再資源化率 79.0%

省資源化、3R活動の推進 高効率設備の導入

水使用量 5%削減*
取水量  5%削減*
再資源化率 82.5%

省資源化、3R活動の推進
水循環の推進

環境マネジメントシステム/環境リスクマネジメントの強化 環境事故件数 ゼロ継続
PRTR法化学物質取扱量
維持
ISO14001グループ統一認証
維持
環境事故件数 ゼロ
PRTR法化学物質6.8%削減*
ISO14001グループ統一認証
維持
環境事故件数 ゼロ継続
PRTR法化学物質 1%削減*
有害化学物質の削減、代替化の推進
生物多様性
保全活動/
地域環境
活動の推進
全事業所で自然保護活動・地域環境活動の実施 全事業所で自然保護活動・
地域環境活動の実施
全事業所で自然保護活動・ 地域環境活動の実施
環境配慮型製品の提供/製品含有化学物質管理の強化 環境配慮型製品の創出実施
製品含有化学物質規制順守
環境配慮型製品の創出実施
製品含有化学物質規制順守
環境配慮型製品の創出実施 製品含有化学物質規制順守 製品アセスメントの改善

事業活動

事業活動

環境会計

シチズングループでは、環境保全にかかわる費用と効果を定量的に把握し、環境管理活動の効果を評価しています。

シチズン時計および主要生産拠点のグループ会社を含め、対象範囲の連結環境会計を集計しました。経済効果の算定基準は実質効果のみを算出しており、いわゆるリスク回避効果とみなし効果は算定しておりません。当該期間の投資総額は13,773百万円、研究開発費総額は7,553百万円でした。
なお、集計にあたり環境省環境会計ガイドライン(2005年版)を参考にしています。

集計期間:2019年4月1日~2020年3月31日
集計範囲
シチズン時計/シチズンマシナリー/シチズン電子/シチズンファインデバイス/シチズン・システムズ/シチズン時計マニュファクチャリング/シチズンTIC/シチズンプラザ/シチズン電子船引/シチズン電子タイメル/シチズンマイクロ/シチズン千葉精密/フジミの13社