気候変動リスクと機会への対応

最も深刻なグローバル環境リスクの一つである気候変動の緩和対策として、シチズングループでは、温室効果ガスの排出量削減のためにグループ全体でさまざまな取り組みを行っています。

気候変動のリスクと機会

  1. ガバナンス
    シチズングループは、効率的に環境経営を推進するため、グループ環境管理体制を構築しています。シチズン時計社⻑を委員⻑とする「サステナビリティ委員会」の傘下に「グループ環境委員会」が設置されています。気候変動の問題は、社⻑から任命された取締役(環境担当役員)を委員⻑とする「グループ環境委員会」によって議論されており、その内容は経営会議の中で、取締役会メンバーに対して定期的(年2回)に報告され、代表取締役の決裁によって承認されます。「グループ環境委員会」の報告に基づいて、取締役会は環境リスクへの対応や環境投資の意思決定に貢献しています。
  2. リスク管理
    シチズン時計社⻑を委員⻑とする「サステナビリティ委員会」の中に気候変動リスクも統合されて います。他の事業リスクとともに抽出、評価され、重要課題として特定されています。気候変動リ スクの特定とその対応への取り組みプロセスは、改訂ISO14001の仕組みを活⽤し、PDCAサイクルを効率的に回しています。リスクの特定は、取締役メンバーが参加する経営会議の中で決定し、そ の後に環境担当役員の管理下、関係部⾨で取り組みを実施しています。なお、特定した気候変動の リスクと機会は年1回定期的に⾒直しています。
  3. 戦略
    「気候関連財務情報開⽰タスクフォース(TCFD)」の提⾔に従い、グループの事業や財務へのインパクトが⼤きいリスクと機会の評価と特定をシナリオ分析により進めています。

SCOPE3排出量

気候変動への対応

最も深刻なグローバル環境リスクである気候変動の緩和対策として、シチズングループは、温室効果ガスの排出量削減のためにグループ全体でさまざまな取り組みを行っています。また、気候変動による大規模災害に備えて被害を軽減する適応対策は、災害BCP(事業継続計画)の中で定めています。 気候変動緩和の表明として、「気候変動イニシアティブ(JCI)」に参加し、「脱炭素化をめざす世界の最前線に日本から参加する」という宣言に賛同しています。また、2020年度にはTCFD提言への賛同を行う予定です。

地球温暖化ガスの排出量削減

特定されたリスクへの対応としては、2℃シナリオの実現に向けて、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの削減を推進しています。その他の取り組みとしてはグループの各事業所での省エネ活動の実施やLED等省エネ機器や設備の導⼊はもとより、「サステナブルファクトリー」の確⽴に向けた、環境配慮型設備の投資についても準備を進めています。また、サプライチェーン全体での排出量の削減に向けて、シチズングループ全体でのスコープ3の算定も実施しています 。機会としては、環境や社会問題の解決に貢献するエシカルな消費が今後拡⼤していくことを想定し、時計事業であればエコ・ドライブに代表されるような、新たな「サステナブルプロダクツ」の創出に向け、取り組みを進めています。シチズン環境ビジョン2050およびシチズングループ環境⽬標2030に基づき、 2019年の取り組みを実施した結果、国内CO2排出量(スコープ1、2の排出量)は約10万4千トンで、2018年度⽐3.2%減少しました。2019年度のスコープ1、2の⽐率は、スコープ1が16%、スコープ2が84%でした。2019年度の海外拠点のCO2の排出量(スコープ1、2排出量)は約5万5千トンで、2018年度⽐11.2%減少しました。国内排出量は65%、海外排出量は35%の割合でした。なお、スコープ1は弊社の⼯場、事業所、⾞両などの燃料の使⽤による直接排出量、スコープ2は弊社での電⼒などの使⽤によるエネルギー起源間接排出量です。

シチズングループのスコープ1、2CO2排出量の推移(t-CO2

2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
スコープ1 国内 18,345 19,507 19,861 18,238 17,157
海外 2,743 3,006 2,875 3,221 2,217
合計 21,088 22,513 22,737 21,458 19,373
スコープ2 国内 91,524 91,371 91,380 89,352 86,988
海外 56,259 57,500 56,413 59,131 53,136
合計 147,784 148,871 147,793 148,483 140,123
スコープ1+スコープ2 国内 109,869 110,879 111,241 107,589 104,144
海外 59,003 60,506 59,288 62,352 55,352
合計 168,872 171,384 170,529 169,941 159,497

シチズングループのGHG排出量推移(CO2換算)

2019年度の⼆酸化炭素以外の温室効果ガス(三ふっ化窒素、六ふっ化硫黄、パーフルオロカーボン、ハイドロフルオロカーボン、⼀酸化⼆窒素、メタン)の直接排出量は255トン(CO2換算)でした。これはスコープ1排出量全体の1.5%と極めて⼩さい割合でした。

2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
メタン 121 127 126 131 158 
一酸化二窒素 47 46 51 45 43 
ハイドロフルオロカーボン(HFC) 229 248 50 88 22 
パーフルオロカーボン(PFC) 0 0 0 0
六ふっ化硫黄(SF6) 6 5 30 29 33 
三ふっ化窒素(NF3) 0 0 0 0
合計 404 426 256 293 255

温室効果ガスのスコープ3排出量を算定

地球温暖化の一因である温室効果ガス排出量の削減に向けた取組が世界中で進められるなか、シチズングループにおいても、積極的な取り組みを推し進めています。今後一層の対策を進めていくため、自社の製造段階だけでなく、間接的に排出するサプライチェーン全体での温室効果ガス排出量(スコープ3)の把握が重要になっています。

算定結果

2019年度は、主⼒事業である時計事業について、サプライチェーン全体の温室効果ガス排出量の算出を⾏いました。
算定の結果、シチズングループが間接的に排出するサプライチェーン全体での温室効果ガス排出量(スコープ3)は約17万7千トンとなりました。このうち「購⼊した製品・サービス」(カテゴリ 1)は全体の約66%と最も⼤きく、それに次いで「資本財」(カテゴリ2)約20%、「輸送、配送(上流)」(カテゴリ4)約5%で、これら3カテゴリを合わせると全体の約90%になりました。時計事業以外の事業にも適⽤できるように算定⽅法を⾒直し、データ精度も向上したシチズングループ統⼀の算定ルールとてして「グループスコープ3算定ルール」を定めました。

SCOPE3排出量

SCOPE3排出量

事例紹介 シチズン時計マニュファクチャリング鹿児島工場

太陽光発電システムの稼働

シチズン時計マニュファクチャリング鹿児島工場では、CO2の排出量削減と従業員の環境意識向上を図るため、2012年1⽉1⽇より太陽光発電システムが稼働しました。⼯場の屋上に設置されているこの太陽光発電システムは定格180kwの発電能⼒を有しており、年間62.2tのCO2排出量の削減を⾒込んでいました。2019年度の発電実績は205MWhとなり、⼯場全体で使⽤する電⼒の2.2%を賄うとともに、102tのCO2削減に寄与しました。

太陽光発電システムの稼働
太陽光発電システム