SDGs達成への貢献

「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)は、2030年までに貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会などの社会課題を解決することを目指し、2016年からスタートしています。17の目標、169のターゲットからなる SDGsの達成には、国連に加盟するすべての国と人々が当事者意識を持ち、互いに協力し合いながら、行動を起こしていくことが必要とされています。 シチズングループは、国際社会の一員として、「市民に愛され市民に貢献する」ものづくりの実現を通じて、SDGsと関連づけながら、製品・サービスと事業プロセスを通じた社会課題解決に積極的に取り組み、持続可能な社会の形成に寄与してまいります。

シチズングループは「市民に愛され市民に貢献する」という企業理念を原点に1世紀にわたり事業を展開してまいりました。これからも社会とともに持続的に発展していくために、グループの事業を通じて国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成を含む社会課題の解決に寄与することで、さらに事業拡大を図り、次の100年も継続できる企業を目指します。
取り組む社会課題については、企業理念、行動憲章、サステナブル戦略、シチズン環境ビジョン2050、各事業領域との関連性を鑑みて特定し、課題解決に向けたアクションにつなげるとともに、進捗については外部へ積極的に公開していきます。