環境配慮型製品の充実

シチズングループは、製品が環境に与える影響を強く認識し、信頼性や安全性と同様に、製品の環境品質の向上に努めています。環境に配慮した製品を世に送り出すことは、シチズングループのサステナブル経営の要であり、バリューチェーン全体の環境に配慮する「サステナブルファクトリー」での生産活動を通じて、環境配慮型製品の拡大を進めています。

環境配慮型製品の拡大への取り組み

シチズングループでは、「環境配慮型製品」の拡充を目指しています。開発段階から多項目の環境製品アセスメント(評価)を実施し、「省資源・省エネルギー」「再資源化(リユース・リサイクル)」「長期使用性」「環境保全性(有害化学物質管理)」「環境情報の提供」「包装材」などの評価基準をすべて満たした製品を「環境配慮型製品」に認定しています。なおREACH規則※1RoHS指令※2への対応については、シチズングループグリーン調達基準に基づき、化学物質管理を実施しています。
またグローバルな製品環境規制に対応するため、2021年度はグループグリーン調達基準書を改定しました。この改定により、安全・安心な製品の提供とともに、取引先やお客様からの要求に応じて製品を安全に使用するための含有化学物質情報などの提供を行っています。また法律への対応をより強固にするため、外部調達先の環境監査や有害物質が含まれる可能性が⾼いハイリスク品に対する分析等も実施しています。

  1. REACH規則…2007年6⽉1⽇から施⾏された欧州の化学物質における法規制です。EU域内で製造・使⽤される化学物質はRegistration(登録)、Evaluation(評価)、Authorisation(認可)、Restriction(制限)の義務が発⽣します。
  2. RoHS指令…電気・電⼦機器における特定有害物質の使⽤制限に関する欧州の法規制です。2019年7⽉22⽇から改正RoHS指令に伴う4種のフタル酸エステルが規制物質に追加され、従来のRoHS6物質(鉛、⽔銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDE)に加え、合計10種類の有害化学物質が使⽤制限されました。

環境配慮型製品の評価基準

下記の評価項目をすべて満足していること。

スクロールしてご覧ください→

  評価項目 評価基準
1 製品配慮にかかわる事前表示 製品アセスメントを実施していること
2 省エネルギー・省資源 稼働時、待機時の消費電力が削減されていること※1
節電機能を有していること
質量、体積、部品点数のいずれかが減少していること※2
3 再資源化(リユース・リサイクル) 再資源化容易材料を使用していること※3
25g以上かつ200㎟以上のプラスチック部品の場合は材料表示をすること※4
4 長期使用性 修理、交換が容易な構造で信頼性・耐久性が確認されていること※5
5 環境保全性 シチズン化学物質管理基準を満足していること
6 環境情報の提供 タイプⅠまたはタイプⅡ環境ラベルに準拠した情報公開ができること
7 包装材 再資源化容易材料を使用していること
シチズン化学物質管理基準を満足していること
8 上記以外の評価項目 該当する業界基準などを参考に設定する※6
  1. 基準となる従来製品などを設定する。
  2. 基準となる従来製品などを設定する。ただし、デザイン、機能上で制限される製品は除く。
  3. 電子部品は除く。
  4. 直接表示しない場合は、取扱説明書などへの記載でも可。
  5. 具体的な組み合わせ事例を設定すること。
  6. 対象は化学製品等。

シチズングループの環境配慮型製品

【事例紹介】永く寄り添う腕時計であるための技術とサービス The CITIZENメカニカルモデル

シチズン時計

シチズンは1918 年の創業以来、「永く広く市民に愛されるように」 という思いを込めて、 時計を生み出し育み続けてきました。設計や部品製造から組⽴、調整を⾃社で行うことができるマニュファクチュールであるシチズンの中でも、自社技術を凝縮した専⽤設計ムーブメントを搭載するThe CITIZENの組⽴には卓越した技術を要します。ムーブメントから腕時計の完成まで、優れた技能をもつ時計組⽴マイスターによって組み立てられています。2021年8月、シチズンは約10年ぶりにThe CITIZENから機械式時計を発売しました。機械式時計は、定期的なメンテナンスをすることで永く使い続けることができ、次の世代へ受け継がれていくという点で、シチズンの基幹技術「エコ・ドライブ」と並ぶ、もう1つのサステナブルな製品です。そのメンテナンスのお手伝いとして、きめ細やかなサービスを提供する「シチズン オーナーズクラブ」 を用意しています。購入されたお客様に「シチズン オーナーズクラブ」へ登録いただくことで、お問い合わせやご要望に対して、迅速かつ質の⾼いサービスを提供しています。

すべては身に着ける人へ寄り添う時計であるために。その証として、文字板にはThe CITIZENのシンボルである「イーグルマーク」を配しています。「イーグルマーク」は、「常に先を⾒据え、理想を追求する」「⾝に着ける⽅に永く寄り添う」という『ザ・シチズン』の2つの意思を表しています。

写真
NC0200-90E

【事例紹介】地球のように美しいサステナブルウオッチ CITIZEN L

シチズン時計

CITIZEN L(シチズンエル)は、⾃然の美しさからインスパイアされたデザインを持ちながら、2016年よりサステナビリティ(持続可能性)をブランドの根幹に位置づけ、地球環境や⼈に配慮したコミットメントを掲げて、「地球のように美しいサステナブルウオッチ」を提案しています。全ての時計において定期的な電池交換の要らない光発電エコ・ドライブ※1を搭載し、腕時計には「誰かを犠牲にしない」「持続可能であること」を選択基準とした素材を⼀部で採⽤するなど、地球未来をよりサステナブルなものにするための取り組みを⾏っています。 そしてブランド誕⽣から10周年を迎えた2022年、シグネチャーライン「アンビリュナ」から「私たちは⾃然とひとつである」というメッセージを込めて、この世界を構成する四大要素(地・水・火・風)をテーマに、命の⿎動を育む地球の情景を取り⼊れたデザインの4モデルを発売しました。。「火」をテーマにした10周年記念限定モデル(EM1007-47E)では、 回収したペットボトルや⾐料品からリサイクルしたポリエステル繊維ECOPET®※2を⼀部に使⽤した素材をホールガーメント®※3で編んだニットバンドを採⽤し、裁断時のカットロスも生じず必要な糸のみ使うなど、地球環境に優しい製品となっています。文字板にあしらったダイヤモンドは、天然のダイヤと同じ硬さと輝きを持ち、環境、安全、労働基準に最大限の考慮をして作られたラボグロウン・ダイヤモンド※4を使用しています。

また、LCA(ライフサイクルアセスメント)の取組みとして、CITIZEN Lでは材料調達から生産、廃棄・リサイクルに至る時計の一生涯に排出される温室効果ガスをCO₂に換算、一般社団法人サステナブル経営推進機構によるCFPプログラム認定を取得しました。

  1. エコ・ドライブ:定期的な電池交換不要の光発電時計で、シチズンの機能ブランドです。時計で初めて「エコマーク商品」に認定されました。
  2. ECOPET®:回収されたPETボトルや⾐料品を原料としてリサイクル技術により再⽣され、しなやかで柔らかい特性を持つポリエステル繊維です。⽯油を原料とする場合と⽐べて、CO₂排出量を削減します。
  3. ホールガーメント® :SHIMA SEIKIが独⾃に開発した世界初のホールガーメント横編機によって編成された、無縫製ニットウェアです。
  4. ラボグロウン・ダイヤモンド:「ラボ(研究所、⼯場)」「グロウン(育てられた)」ダイヤモンドという意味を表す合成ダイヤモンドの名称で、天然ダイヤモンドと同じ硬さ・輝きを持つ、地球ではなく100%ラボから⽣まれた、環境、安全、労働基準に最⼤限の考慮をして作られたエシカルなダイヤモンドです。
写真
10周年記念限定モデル EM1007-47E

【事例紹介】サプライヤーとの協業によるグリーン調達

シチズン時計マニュファクチャリング(中国)

シチズン時計マニュファクチャリング PDC環境管理部では、シチズングリーン調達基準書に基づき、中国華南地区にある外装部品サプライヤーの環境規制への対応の管理、監査、改善支援を行っています。

取引相手であるサプライヤーと最新版グリーン調達基準書への適合宣言書を取り交わし、重要サプライヤーに対しては現場の監査・評価を行います。評価結果が優秀なサプライヤーをシチズンのグリーンパートナーと認定し、認定書を発行しています。2021年の認定実績は40社となりました。

また、年度ごとに取引サプライヤーから部品を構成する材料一覧および各材料のSDS・検査結果などのデータを収集し、最新の各種グローバル規制(RoHS/ニッケル規制/紛争鉱物等)への適合可否確認および改善指導を行っています。

開発段階/4M変更では新材料および新サプライヤーの環境評価を担当し、量産段階では入荷部品に対してフタル酸規制物質の抜取り検査を実施しています。

環境対応については、取引相手であるサプライヤーの理解と協力が必須で、今後も継続してサプライヤーと対話しながら、シチズングループ環境方針に基づいたものづくりを推進していきます。

  1. ※ 4M変更:Man(人)、Machine(機械)、Material(材料)、Method(方法)の4つの要素で製造に関わる変更点を明確に洗い出し、問題の発見や解決、改善に役立てる手法のこと。
写真

【事例紹介】LFV技術でSDGsに貢献

シチズンマシナリー

LFV(低周波振動切削)技術とは、シチズン独自の制御技術によりX・Z各サーボ軸を切削方向に振動させ、その振動を主軸回転と同期させながら切削を行う方法で、切削中に刃物があたらない「空振り」時間を設けることにより切りくずを細かく分断しながら加工します。

従来の切削加工では、長い切りくずが発生し、加工部品や刃物にからまるリスクがあり、不良品の発生や刃具の破損などの課題が多く報告されてきました。LFV技術搭載の工作機械では、切りくずのからまりに起因する上記課題の発生を削減し、生産効率の向上に寄与、部品1個当たりの切削に必要な電力を低減させる効果が期待できます。

また、切りくずの分断によって機械からの切りくず回収頻度を減らし、作業負荷を軽減させ、さらにはその廃棄物の容積を小さく抑えることにより、輸送現場における環境負荷の低減等、顧客の製造プロセスにおけるSDGsに貢献しています。

LFV技術搭載のCNC自動旋盤は国内出荷に続きグローバルへの出荷も開始し、累計出荷は4,000台を突破しました。

  • ※サーボ軸…モータ、ガイド等からなる送り機構部
画像
従来の切削で切りくずが絡んでいる様子
画像
切りくず写真比較
写真

【事例紹介】摩擦接合技術の開発

シチズンマシナリー

シチズンマシナリーで新たに開発された「摩擦接合技術」では、加工後に残る残材を大幅に削減することで、限りある資源の有効活用が可能なほか、より効率的に材料を加工することで材料コストの削減にも繋がることが期待されています。当社の主要製品のひとつである主軸台移動形自動旋盤は、加工時に材料を掴む主軸チャック部と、切削点を保持するガイドブッシュ間の材料が、切削できない残材として残ることが課題でした。そこで本技術を用いて、残材を機械外に排出せずに背面主軸などでチャックし、次に供給される材料の先端と接合することで、残材を1/4程度まで少なくし(写真)、材料を最大限に有効活用できるようになりました。

写真

【事例紹介】環境を意識した製品の開発 照明用LED

シチズン電子

LEDは環境にやさしい光として急速に広がり、私たちの生活の中でも多くの用途・場所にて使用されています。LEDは白熱電球に比べ、約1/10の低消費電力であり、蛍光灯に含まれる水銀などの有害物質も使用していません。また長寿命であることから買い替えによる廃棄物の削減にも寄与し、その優れた環境性能から「理想の光源」と言っても過言ではありません。

シチズン電子では、2003年より照明用LEDの開発をスタートさせ、世界最高レベルの発光効率・光束で業界をけん引してきました。新製品「COBシリーズVersion9」の発光効率は、10年前の「COBシリーズVersion1」の約2倍となっています。併せて照明用LEDに要求される、長期間使用しても明るさを維持する長期信頼性、耐ガス特性も改良されており、発光効率向上による省エネ効果(二酸化炭素排出量削減)だけではなく、LED光源や照明器具の交換や修繕間隔を長く取れることから、環境負荷低減にも寄与します。

環境配慮型製品であるLED製品を手掛けるシチズン電子は、長年に渡り蓄積してきた高度なパッケージング技術や高品質・高信頼性技術を用いて、環境負荷低減に貢献する製品開発や生産を行います。

  1. デュラテクトα…ステンレスやチタニウムなどの独自の金属表面硬度を高めた「デュラテクト」技術を進化させ、ビッカーズ硬度(HV)2,000以上と従来のデュラテクトの約2倍硬い合金被膜をケースとバンドにコーティング。キズがつきにくく貴金属に劣らない輝きを放ち続けます。
  2. クラリティ・コーティング…サファイアガラスの表裏両面にシリコン化合物を多層構造コーティングすることにより光の反射を抑え(透過率99%)、高い視認性を確保し時計の文字板を見やすくしました。また、キズがつきにくく、表面には汚れを防ぐ撥水膜を施し、優れた耐久性と防汚性を向上させました。
写真

【事例紹介】環境に配慮したヘルスケア製品の開発

シチズン・システムズ

シチズン・システムズのヘルスケアは、「ひと」の健康維持・増進のために、新たな可能性を探求しつづけ、それにより健康への自信とココロの安心をもたらす商品を提供し、健康づくりをサポートすることをミッションとしています。未来への健康づくりのサポートはもちろんのこと、くり返し使えるニッケル水素充電池※にもいち早く対応することで有害物質の排出削減に努めています。また、パッケージからプラスチックの使用量を削減し紙パッケージを採用するなど、原材料の削減や持続可能な資源を利用して環境負荷の低減を推進します。企画の段階から環境へ配慮したモノづくりに取り組み、持続可能な循環型社会の実現に貢献します。

  1. ※ ニッケル水素充電池:パナソニック社製のエネループまたは充電式エボルタを採用。
写真
カプッとカフ CHWH903、CHWH803
(ニッケル水素充電池対応)

【事例紹介】環境を意識した製品の開発 屋外電波時計

シチズンTIC

シチズンTICでは、電気二重層コンデンサを使用した環境にやさしい太陽電池式屋外時計を提供しています。省エネルギー回路設計により曇りや雨の日でも効率よく必要とする電力を確保します。電気二重層コンデンサは充放電による劣化が少ないため、従来のニッケルカドミウム蓄電池に比べ約3倍の長寿命を実現、長期に渡りメンテナンス不要で正確な時刻表示を続けます。また、蓄電池の定期的な交換費用と交換品の製造、輸送で発生するエネルギーを削減でき、廃棄時も環境負荷が少ない製品です。2007年の発売以来全国の学校、公園などの公共の場で導入されています。

  1. ※ 蓄電池寿命は、設置環境により異なります。
写真
GPS衛星電波屋外時計
上へ戻る