人権の尊重

持続的成長に向けた「人権の尊重」への取り組み

シチズングループは、「市民に愛され市民に貢献する」ことを企業理念とし、創業以来、事業活動を通じ、世界中の人々の暮らしに広く貢献することを目指してきました。2005年からはグローバルに事業を展開する企業の一員として、国連が提唱する「人権・労働・環境・腐敗防止」についての10原則を軸とする「国連グローバルコンパクト」に参加しています。
また、シチズングループの従業員の拠り所と位置づける「シチズングループ行動憲章」では、お取引先における活動まで対象を広げた、従業員の人権に配慮した事業活動を行うことを定めており、その浸透活動にも積極的に取り組んできました。「中期経営計画2021」の開始に伴い、全社的な「サステナブル経営」への挑戦と、事業活動を通じた一層のSDGs達成への貢献を目指す方針に基づき、2019年4月に「シチズングループ人権方針」を策定し、人権の尊重に対するシチズングループの姿勢を改めて示しました。
また、2019年4月には、「現代奴隷および人身売買に関する声明」を発表し、2021年1月には、サプライチェーン上における児童労働や強制労働といった人権侵害に対応するため「シチズングループ責任ある鉱物調達方針」も改定しました。今後も、人権に関わる問題認識に基づき、グローバル企業としての責任を全うする「サステナブル経営」に取り組んでいきます。
現代奴隷法関連では、2019年度からサプライヤーに対して自己評価表(SAQ)の送付によるセルフアセスメントを開始し、人権侵害リスクの低減に向けた取り組みを進めています。また、NGOや有識者ともエンゲージメントを行い、シチズングループの人権への取り組みに対する、第三者の立場からの意見等を頂いています。一例として、国際環境NGOコンサベーション・インターナショナル・ジャパンと、サプライヤー関連や環境問題を通じた人権問題についてエンゲージメントを実施し、その結果、SAQの改善や持続可能な調達の推進といったグループが今後取り組むべき課題が明らかになりました。

グループ人事委員会 体制図

シチズングループ人権方針の策定

シチズングループは、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」を支持し、これに基づく人権方針を2019年4月に策定しました。本方針では、シチズングループが事業を行う上で関わるすべてのステークホルダーの尊厳と権利を尊重することを約束するとともに、人権侵害への加担をしないこと、また人権に対する負の影響を生じさせた場合には救済及び是正に向けた対応を行うことを約束しています。

人権の尊重に関する取り組み

シチズングループでは、事業活動で影響を及ぼす可能性のあるすべてのステークホルダーの人権を尊重するために、人権の尊重を謳う各種方針、規定を従業員やサプライヤーに周知し、浸透させるべく、各種コミュニケーション活動や研修を積極的に行っています。また、人権リスクの特定手段として、サプライヤーに対するアンケートや、従業員向けの意識調査も定期的に実施するほか、救済措置としての、各種相談・通報窓口を整備しています。

現代奴隷および人身売買に関する声明

本書は2015年に成立した英国現代奴隷法に沿った声明です。シチズングループ(シチズン時計株式会社およびそのグループ会社)は、自社事業およびサプライチェーンを通して人権侵害をしない・加担しないように努めており、以下に現代奴隷および人身売買撤廃のための取組みについて述べます。