シチズンのESG

当社のESGの一例をご紹介します。
シチズングループは、「市民に愛され市民に貢献 する」との企業理念に基づき、この企業理念の具現化のため「シチズングループ 行動憲章」を定めています。
新たな「中期経営計画 2021」 では、重点施策のひとつとして、全グループ で の「サステナブル経営」の推進を掲げ、 企業価値の向上を図りながら、SDGs 等の社会課題の解決 に寄与することを目指しています。

グループ行動憲章

1.社会に対する誠実な姿勢を保ち、シチズングループの企業価値の向上を図ります。

2.安心・安全、品質、環境に十分配慮した製品・サービスを提供します。

3.公正、透明、自由な競争、責任ある商行為を実践します。

4.人権と多様性を尊重し、安全で働きやすい職場をつくります。

5.環境保全の重要性を認識し、自主的かつ積極的に取り組みます。

6.会社資産を適正に管理・保護します。

7.会社の永続的な存続に反する行動は避けます。

8.良き企業市民として、地域社会に貢献し、地域社会との共生を目指します。

シチズンのESG一例

     
Environment
(環境)

① 環境イノベーションの促進

シチズングループでは、環境配慮型製品およびサービスの提供、グローバル環境法規制への対応と監査の強化等に重点的に取り組んできました。
新たな「中期経営企画2021」を受けた「環境中期計画2024」では、サステナブル経営の実践を掲げ、サステナブルファクトリーによる持続可能なものづくりを行うことを約束しています。

より詳しくご覧になりたい方は

Social
(社会)

① 品質への取り組み

信頼性及び安全性の維持・向上を企業理念「市民に愛され市民に貢献する」の中核と位置づけ、ものづくりの全プロセスにおいて、実効性のある品質保証体系の維持・改善に取り組みます。

② 人権の尊重と労働慣行

当社グループは、従業員の働きやすさを重視した経営活動を行っており、MSCI日本株女性活躍指数の構成銘柄に選定される等、高い評価を受けています。
また、グローバルにビジネスを展開する企業として、人権を尊重する責任を果たすよう努めると共に、多様性を認め合い、誰もが安心・安全に働ける職場づくりを実践します。

「人権の尊重」について、より詳しくご覧になりたい方は

「労働慣行」について、より詳しくご覧になりたい方は

③ 責任ある調達の推進

2017年にグループ共通の「CSR調達ガイドライン」を発行し、調達活動を含めた取引先との連携強化に努めています。

より詳しくご覧になりたい方は

④ 社会貢献活動の促進

シチズングループ行動憲章第8条に謳う「良き企業市民として、地域社会に貢献し、地域社会との共生を目指します」に基づき、シチズングループ社会貢献方針を設け、「学習・教育」、「環境」、「スポーツ」、「災害支援」の分野に重点を置いて取り組んでいます。

より詳しくご覧になりたい方は

Governance
(ガバナンス)

① コーポレートガバナンスの強化

経営の透明性確保と多面的な経営への監視機能が重要であると認識し、コーポレート・ガバナンスの充実に向けての取組みを実施しております。

より詳しくご覧になりたい方は

② シチズングループ行動憲章の策定

グループ社員が日々どのように行動すべきかの基準、原理原則を示したものです。この実践がシチズンのCSR活動となっています。

③ コンプライアンスの徹底

シチズングループ行動憲章の浸透の徹底を基軸として、経営の根幹としてのコンプライアンスの徹底を、グループ全体で推進します。

より詳しくご覧になりたい方は

④ リスクマネジメントの徹底

リスクを把握・分析評価しながら、これに対応することによってリスクを適切に管理する活動を行っています。

「気候変動リスクと機会への対応」について、より詳しくご覧になりたい方は

「水リスクと機会への対応」について、より詳しくご覧になりたい方は

経営方針
社長メッセージ
経営基本方針
事業等のリスク
コーポレート・ガバナンス
シチズンのESG

    おすすめランキング