グループの強みと事業展開

グループの強み

企業理念「市民に愛され市民に貢献する」

シチズンの掲げる企業理念「市民に愛され市民に貢献する」とは、「市民に愛され親しまれるものづくり」を通じて、世界の人々の暮らしに広く貢献することです。

シチズン企業理念

企業理念
「市民に愛され市民に貢献する」

シチズンの掲げる企業理念「市民に愛され市民に貢献する」とは、
「市民に愛され親しまれるものづくり」を通じて
世界の人々の暮らしに広く貢献することです。

時計事業で培った「小型化」、「精密加工」、「低消費電力」技術

1918年「尚工舎時計研究所」(シチズンの前身)創業から100年。
時計事業で培ってきた「小型化」、「精密加工」、「低消費電力」技術をベースに当社は、工作機械事業、デバイス事業、電子機器事業等を展開しております。

工作機械事業は、「時計の小さい部品を自前で機械を作る技術」
デバイス事業は、「小さい時計部品を加工したり、実装する技術」が起源。
「部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュール」の当社のDNAが様々な事業に息づいています。

事業展開

当社は、1955年に初めて「シチズン」ブランドの腕時計の輸出を開始して以来、国内外の市場で様々な事業を展開しております。

  • 時計事業売上高 1,637億円

    完成品時計事業においては、「製品からブランドへ」をスローガンに、シチズンブランドを成長の核として、マルチブランド戦略を推進しております。主要のシチズンブランドは光発電機能「エコ・ドライブ」を1976年に世界で初めて世に送り出して以降、同事業の差別化・強みとなっております。
    また、時計の部品から完成品まで一貫して製造できる数少ないメーカーとして、時計の駆動装置ムーブメントを「メード・イン・ジャパン」へのこだわりをもって製造・販売も行っております。

  • 工作機械事業売上高 640億円

    工作機械事業は、もともとは小さく精度を要求される時計部品を製造する機械を内製した事が始まりです。当社は、中・小型のNC自動旋盤に強みをもっており、同分野で主軸台移動型NC旋盤、主軸台固定型NC旋盤を展開しております。新時代の加工技術LFV(低周波振動切削)等で更なる強みを発揮します。

  • デバイス事業売上高 655億円

    デバイス事業は、時計事業の「小型化」、「精密加工」、「低消費電力」の技術を生かしております。ABSやエアバックといった自動車部品に使われる小型精密部品やスマートフォン向けサイドスイッチ、LEDチップに強みを持っております。この他、水晶デバイスやデジタルカメラ向け電子ビューファインダー等を製造・販売しております。

  • 電子機器事業売上高 205億円

    電子機器事業は、小型精密技術をベースに、フォトプリンター、小型プリンターといったプリンター事業、血圧計、体温計といった健康機器事業、電卓事業を展開しております。

  • その他の事業売上高 61億円

    その他の事業は、宝飾製品事業等がございます。

世界に拡がるシチズンのネットワーク

当社は、全体の約7割は海外売上高が占めております。