シチズンの業績

2018年度(2019年3月期)第3四半期決算

2018年度第3四半期の当社全体業績は、先進国を中心に高水準の販売を維持したことで大幅増収となった工作機械事業が牽引し売上高2,477億円と増収となりましたが、営業利益につきましては、主力の時計事業の落ち込み等により、207億円と減益となりました。

時計事業は、完成品販売が欧州が低迷したものの、主要市場の北米市場が増収に転じた他、国内市場も中価格帯の需要が回復し年末商戦が好調に推移した結果、増収となりました。
一方で、ムーブメント販売が、低進捗であったことが影響し、時計事業全体では減収減益となりました。

経常利益は232億円、親会社株主に帰属する当期純利益は143億円と、いずれも減益となりました。
通期業績予想につきましては、時計事業の売上と工作機械の営業利益がややビハインドしているものの、グループ連結としては概ね計画線のため、前回公表した業績予想数値を据え置いております。
なお、2018年度第4四半期以降の為替レートにつきましては、US$1.00=110 円、 €1.00=125円を想定しております。

ピンチで拡大できます。

主要な経営指標

  • 売上高

    売上高
  • 営業利益・営業利益率

    営業利益・営業利益率
  • 純資産・自己資本当期純利益率(ROE)

    純資産・自己資本当期純利益率(ROE)
個人投資家のみなさまへ
グループの強みと事業展開
シチズンの歩み
シチズンの業績
シチズンの成長戦略
株主になるメリット
個人投資家説明会

    おすすめランキング