シチズンの業績

2018年度(2019年3月期)決算

2018年度の当社全体業績は、足元の受注は減速感もありますが、期初からの高水準の受注が寄与した大幅増収となった工作機械事業が牽引し売上高3,216億円と増収となりました。営業利益につきましては、工作機械事業が増益となったものの、それ以外の事業が減益となったことにより、224億円と減益となりました。

時計事業は、完成品販売が欧州が低迷したものの、主要市場の北米市場や国内市場中心に売上を伸ばした結果、増収となりました。
一方で、ムーブメント販売が、需要の回復が依然として弱く、時計事業全体では減収減益となりました。

経常利益は為替差益の計上等により266億円とほぼ前年並み留まりましたが、親会社株主に帰属する当期純利益は特別損失が増加し、133億円と減益となりました。

2019年度の業績予想につきましては、時計事業は、市場によって強弱感は見られるものの、全体的に緩やかな回復傾向を辿る見通しであり、増収。
一方、工作機械事業については、足元の受注が下方トレンドにあり減収の予想をしております。
営業利益については、主に工作機械事業の減収による減益が影響する見込みです。
なお、2019年度通期の為替レートにつきましては、US$1.00=110 円、 €1.00=120円を想定しております。

ピンチで拡大できます。

主要な経営指標

  • 売上高

    売上高
  • 営業利益・営業利益率

    営業利益・営業利益率
  • 純資産・自己資本当期純利益率(ROE)

    純資産・自己資本当期純利益率(ROE)
個人投資家のみなさまへ
グループの強みと事業展開
シチズンの歩み
シチズンの業績
シチズンの成長戦略
株主になるメリット
個人投資家説明会

    おすすめランキング