「CITIZEN 森の事業所」グッドデザイン賞受賞
当社初となる事業所での受賞を達成

その他

2021年10月21日
シチズン時計株式会社

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、社長:佐藤 敏彦、以下 シチズン)の東京事業所改修工事で誕生した「CITIZEN 森の事業所」が公益財団法人日本デザイン振興会が主催する2021年度グッドデザイン賞を受賞しました。
事業所での受賞は当社として初となります。

シチズン本社のある東京事業所では、屋内外両方の改修を行い、「屋内でも屋外でも働ける」をコンセプトに、敷地全体で生産性向上と健康を高める場づくりを目指しました。特に屋外は、工場と駐車場跡の約4千m²をワークプレイスとなる緑地に変換。「CITIZENの森」と名付けた空間には、215本の植栽を行い、ミーティングができるネストベンチ、コーヒーブレイクができるスタンドテーブルなど、多彩な居場所を散りばめています。また、武蔵野の雑木林の樹木を植樹し、緑地をエコロジカルネットワークの一部としたことで、地域の鳥や虫が飛来する自然豊かな空間となりました。これにより、東京事業所の緑化率は29.4%、CO2吸収量は年間17tとなり、CO2低減に貢献します。

■グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
ランドスケープデザインを整えていくことは、よりよい都市空間を作る上で最も重要なことだと思っていますが、このプロジェクトのように、働く場所として定義することで豊かなランドスケープを作っていくという考え方に共感いたしました。武蔵野の雑木林から緑地のネットワークを作ることで地域との連携を考えている点も、シチズンの社会に対する責任、または共生を考えていることを具現化している点も評価いたしました。

<グッドデザイン賞とは>

1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

https://www.g-mark.org/

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

シチズン時計株式会社 広報IR室
TEL 042-466-1232(直)

関連リンク

シチズンCSRサイト: https://www.citizen.co.jp/social/index.html