• TOP
  • ニュース
  • NCスクール「加工実習コース」に待望のオンライン型が新登場!

NCスクール「加工実習コース」に待望のオンライン型が新登場!
離れていても機械を操作する実技指導が可能に

工作機械

2020年9月15日
シチズンマシナリー株式会社

シチズンマシナリー株式会社(本社:長野県北佐久郡御代田町、社長:中島圭一)は、従来ご好評をいただいているNCスクール「加工実習コース」において、離れた場所にいる講師の実演と受講者の実技指導がリアルタイムに双方向で行えるオンライン型スクールを、2020年10月20日より募集開始します。

弊社では、NC自動旋盤の操作やプログラミングを学べるNCスクールを開催していましたが、コロナ禍の影響で対面式での開催が困難になり、座学の講座に関してはオンライン講習に切り替えています。一方、NC自動旋盤の実機を使用し、工具セットから加工、寸法調整といった、段取り作業や機械加工を学べる、実技型の「加工実習コース」は、受講者が弊社に来社していただく必要があり、4月より開催を中止しておりました。しかしながら、「加工実習コース」は、募集後すぐに定員に達するほどお客さまの人気が高いことから、このコースをオンラインで実現することが急務であると判断し、そのシステムを構築しました。

講師:受講者の動作を確認

受講者:講師の指示を聞きながら、メガネ型カメラで手元を映しながら操作

オンライン型「加工実習コース」は、事前に受講者にお送りする、眼鏡型のビデオカメラと、お客さま工場と弊社を簡単にオンライン接続できるalkartstation(アルカートステーション)を組み合わせるシステムです。お客さまの工場にネットワーク設備が無い場合でも、アルカートステーションにより簡単に接続が可能です。これにより、受講者、指導者がそれぞれの場所で同じ機種の機械を操作しながら、機械の操作、加工を学ぶことができます。

お客さまが受講後即戦力となるべく、弊社講師による丁寧な指導を心がけ、今後も定期的に開催していきます。

なお、座学によるオンライン型のNCスクールは、2020年3月よりプログラミングコースを開始し、受講された方から高評価をいただきながら毎月4回、定期的に開催をしており、これまで約130社の方にご利用いただいております。

■オンライン型「加工実習コース」概要
  募集開始:10月20日~
  開催:月1回 4時間
  定員:3名

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズンマシナリー株式会社
経営企画部
TEL 0267-32-5911
シチズン時計株式会社
広報IR室
TEL 042-466-1232(直)
NCスクールに関するお問い合わせ先
シチズンマシナリー株式会社
顧客支援ICT推進室
TEL 0267-32-5911
(音声ガイダンスに従い、3番を選択してください)