• TOP
  • ニュース
  • 「シチズングループ資源循環ビジョン」を策定

「シチズングループ資源循環ビジョン」を策定

2020年4月1日
シチズン時計株式会社

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市 / 社長:佐藤 敏彦)は、循環型社会の実現のための行動指針として「シチズングループ資源循環ビジョン」を策定しました。

当グループは、持続可能な市民社会の実現のために長期的視野で環境問題に取り組む「シチズングループ環境ビジョン2050」に基づき、グローバルな環境経営を推進しています。
今回策定した「シチズングループ資源循環ビジョン」は、「シチズングループ環境ビジョン2050」の重点施策のひとつである、循環型社会の実現に向けた活動を一層強化するためのビジョンです。

私たちは、「シチズングループ資源循環ビジョン」のもと、循環型社会の実現に貢献してまいります。

シチズングループ環境ビジョン2050
https://www.citizen.co.jp/social/environment/vision/index.html

シチズングループ資源循環ビジョン

2050年長期ビジョン

シチズングループは、資源循環は資源の枯渇を防ぐとともに気候変動対策としてバリューチェーン全体での温室効果ガス削減においても重要であると認識し、省資源化、3R、廃棄物ゼロエミッション、水資源の保全により、持続可能な資源の利用を推進し、循環経済の発展と循環型社会の実現に貢献します。

2030年に向けた中期重点施策

  1. 原材料の削減、持続可能な包装容器の使用、取扱説明書や製品カタログの電子化、森林認証紙や古紙の使用、輸送梱包材の環境負荷低減、工場・オフィスでの紙使用量削減など省資源化、3Rに取り組み、持続可能な資源の利用を推進します。
  2. 事業所から排出するプラスチック廃棄物の削減、包装容器のワンウェイプラスチックの削減に取り組み、プラスチックによる海洋汚染や地球温暖化の防止に貢献します。
  3. 水循環や洗浄水の削減など事業活動での水使用量、取水量の削減に取り組み、持続可能な水資源の利用を推進します。

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズン時計株式会社
広報IR室
TEL 042-466-1232(直)