• TOP
  • ニュース
  • 栃木県で社会貢献活動「森林保全ボランティア」

「シチズン社会貢献活動派遣制度」
2019年度4番目のプログラム「森林保全ボランティア」
栃木県市貝町と益子町で9月11日から13日まで実施

CSR

2019年9月3日
シチズン時計株式会社

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、社長:佐藤 敏彦)は、創業100周年記念事業として、2018年4月に「シチズン社会貢献活動派遣制度」を制定しました。2019年度も「市民に愛され市民に貢献する」という企業理念のもと、グループ全体で国内外の7つの社会貢献活動に取り組んでまいります。

2019年度の4番目のプログラムは栃木県市貝町と益子町で「森林保全ボランティア」を実施します。

「森林保全ボランティア」プログラムにはグループ社員6名が参加します。栃木県市貝町と益子町で手入れの行き届かない森林の整備活動を行います。

市貝町とその周辺は、「絶滅危惧種Ⅱ類」に指定されている鷹の一種であるサシバの日本一の繁殖地で、多様な生物相を持つ里地里山環境が残されています。しかし、近年では都市開発などによる生息地の消失や過疎化・住民の高齢化による田畑や林の放棄により里山が荒れ、生物相の単純化や外来種の増加、鳥獣被害の拡大といった問題点を抱え、サシバの数も減少しています。カマやノコギリなどを使用して除伐や間伐を行い、森に風や光を通します。

益子町の小宅地区には、古墳や城跡など歴史的価値のある里山が多く残りますが、特に小宅城跡の森は高齢化に伴い手入れが行き届かなくなっています。竹を伐採し、人が入れる場所にすることを目標とします。

また、行政とNPO、企業や町外からのボランティアなどと協働して里山を整備し、地域経済の活性化にもつながるよう積極的に取り組んでいます。

活動内容とSDGsとの関連
該当するゴール

15. 陸の豊かさも守ろう

2019年度 シチズン社会貢献活動派遣先

1.過疎・高齢化地域のコミュニティサポート 長野県飯島町、中川村 2019年4月実施済
2.被災地の復興支援 宮城県石巻市 2019年5月実施済
3.外国にルーツを持つ若者のキャリア支援 岐阜県可児市 2019年8月実施済
4.森林保全ボランティア 栃木県市貝町、益子町 2019年9月予定
5.マングローブ植樹・その他支援 カンボジア 2019年10月予定
6.子ども支援プロジェクト フィリピン 2019年11月予定
7.子ども支援プロジェクト タイ 2020年2月予定

シチズングループでは、企業は人で成るという考えのもと、これまでにも社員に様々な成長の機会を提供してきました。また人々に愛される製品やサービスを生み出していくには、社会や世界を知り、視野を広げ、学んだことを生かし、新たな価値観を取り入れて組織を活性化することが重要だと考えています。
創業100周年を迎えた2018年度にシチズングループの新たな取り組みとして「シチズン社会貢献活動派遣制度」を開始し国内外の7か所でその地域における社会課題と向き合い、支援活動を行う社会貢献活動を実施しましたが、2019年度以降も毎年継続して実施致します。

栃木県市貝町、益子町森林保全ボランティア

・活動日 9月11日から9月13日
・活動場所 9月11日    市貝町 サシバの里山
9月12日、13日 益子町 小宅城跡
・参加予定人数 6名
・内容 環境保全活動
・協力 特定非営利活動法人NICE(国際ワークキャンプセンター)
特定非営利活動法人トチギ環境未来基地
〒321-4104栃木県芳賀郡益子町大沢2584-1
電話 0285-81-5373 ※ボランティア活動場所の住所は左記にお問合せ下さい

関連リンク

シチズンCSRサイト:https://www.citizen.co.jp/social/index.html

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズン時計株式会社
広報IR室
TEL 042-466-1232(直)