• TOP
  • ニュース
  • シチズン時計 ヴェルト社との資本業務提携を締結

シチズン時計 ヴェルト社との資本業務提携を締結
-腕時計を起点にヒト・モノ・コトをつなぐIoTプラットフォーム
「Riiiver」を共同開発-

時計

2019年1月21日
シチズン時計株式会社

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、社長:戸倉 敏夫、以下シチズン)は、IoT製品・ソフトウェアを開発する株式会社ヴェルト(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:野々上 仁、以下ヴェルト)と、腕時計を起点にヒト・モノ・コトを有機的につなぐIoTプラットフォーム「Riiiver(リィイバー)」の開発・運営について業務提携し、シチズンがヴェルトに出資することで合意しました。出資金額は約3億円で、シチズンは、2019年1月21日付で、ヴェルトが第三者割当増資により発行する株式を引き受けます。

近年、消費者の嗜好は多様化しており、その多様化の影響は、時計においても単にデザイン面だけでなく機能面にも及んでいます。シチズンは、与えられた機能を利用するのではなく、ユーザーが自らのアイデアで自らが求める機能を搭載し、カスタマイズできる、全く新しいスマートウオッチの開発を目指しており、その基盤となるIoTプラットフォーム「Riiiver」をヴェルトと共同開発します。

「Riiiver」は腕時計を起点にして、ヒト・モノ・コトを有機的につなぎ、新たな「時」の体験を提供するサービスで、オープンな性質を持ったIoTプラットフォームとして開発されました。ユーザーは、「Riiiver」を通じて、時計に限らず、AIスピーカーやIT家電などの様々なIoT機器やサービスを、ライフスタイルやニーズに合わせてつなぐことができます。今後、魅力あるサービスを提供するため、パートナー企業のリクルーティングも行い、2019年夏よりサービスを開始予定です。

「Riiiver」の提供を行うため、シチズンはオープンイノベーションを活用し、ヴェルトと共同でスピード感のある開発を目指します。ヴェルトはデザインや感性を大切にしながら、ハードからソフトまで垣根を越えて最新技術を導入する高い総合プロデュース力を生かして、「Riiiver」の企画の一部と開発・運営全般を担い、シチズンと共同でパートナー企業のリクルーティングなどを行います。シチズンは、「Riiiver」に対応した機能をカスタマイズできる時計も開発しており、3月10日より米国・オースティンで開催される、世界最大級の音楽・映画・インタラクティブの祭典である「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」で「Riiiver」と共に発表予定です。

株式会社ヴェルト(VELDT Inc.) 会社概要

所在地 :東京都渋谷区神宮前5-18-10 エクサスペース2-D

代表者 :代表取締役 CEO 野々上 仁

設 立 :2012年8月1日

資本金 :2億円

事業内容:IoT製品・ソフトウェアの開発・製造・販売、ヘルスケアソリューション開発、
     コンサルティングおよびIoTサービスの運営

URL :https://veldt.jp/

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズン時計株式会社
広報IR室
TEL 042-466-1232(直)

関連リンク

シチズンウオッチサイト