会社沿革

1918年
3月   シチズン時計の前身、尚工舎時計研究所 創立
1924年
12月   懐中時計第一号完成
1930年
5月   シチズン時計株式会社創立
5月   中島与三郎社長就任
1931年
6月   腕時計第一号完成
1936年
5月   田無工場を新設
1941年
7月   工作機械の生産開始
1945年
10月   中島進次社長就任
1946年
3月   山田栄一社長就任
1949年
6月   シチズン商事株式会社発足
1952年
3月   国産初のカレンダー付ウオッチ発売
1953年
3月   リズム時計工業(株)系列会社となる
1955年
12月   腕時計の輸出開始
1960年
3月   アメリカブローバ社と輸出入契約締結
3月   対インド技術援助契約調印
1961年
4月   工作機械の外販開始
1964年
8月   技術研究所設立
12月   シチズン事務機設立
1965年
3月   事務機生産開始(加算機、カメラのシャッター)
10月   西ドイツ(当時)に事務所開設、欧州への本格的輸出開始
1966年
3月   国産初の電子ウオッチ「エックスエイト」発売
1970年
3月   CNC自動旋盤「シンコム」開発
1971年
6月   精機事業部発足
1976年
3月   水晶振動子の製造開始
8月   世界初のアナログ式太陽電池ウオッチ『クリストロン ソーラーセル』発売
1978年
2月   東京 新宿三井ビルに本社を移転
1980年
6月   業界初マイコン制御によるラインインパクトプリンタ発売
1981年
6月   山崎六哉社長就任
10月   情報機器事業部発足
1982年
9月   特販部発足、ウオッチ部品販売本格化
1983年
3月   チップLEDランプCLシリーズ開発
5月   ICセンサー電子体温計発売
1987年
6月   中島迪男社長就任
1990年
1月   年間顕彰制度「シチズン・オブ・ザ・イヤー」創設
1992年
2月   ドイツ工作機械メーカーボーライ社買収
1993年
5月   世界初多局受信型「電波時計」発売
1996年
4月   光発電エコ・ドライブ、ウオッチで初めて「エコマーク」取得
1997年
6月   春田博社長就任
2001年
3月   西東京市に本社を移転
2002年
3月   カラーLCDバックライト用白色LEDの販売開始
6月   梅原誠社長就任
2003年
6月   世界初アンテナ内蔵型フルメタルケースの電波時計を発売
2004年
1月   シチズン企業行動憲章施行
10月   シチズン商事株式会社と合併
2005年
4月   シチズン・システムズ(株)設立
10月   連結5社(シチズン電子・ミヨタ・シメオ精密・狭山精密工業・河口湖精密)完全子会社化
10月   シチズングループ各社の商号を変更
2007年
4月   商号をシチズンホールディングス株式会社に変更
2008年
1月   ブローバ社株式取得
4月   金森充行社長就任
7月   シチズンミヨタとシチズンファインテック合併、シチズンファインテックミヨタ(株)設立
10月   (株)ミヤノの連結子会社化
2011年
4月   シチズンマシナリーとミヤノ合併、シチズンマシナリーミヤノ(株)設立
9月   世界初、人工衛星から時刻情報を受信する光発電時計 「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ」発売
2012年
4月   戸倉敏夫社長就任
4月   プロサー社株式取得
2013年
7月   シチズン時計マニュファクチャリング(株)設立
2014年
4月   NC自動旋盤累計出荷10万台達成
2015年
4月   シチズンマシナリーミヤノの商号をシチズンマシナリー(株)に変更
4月   シチズンファインテックミヨタとシチズンセイミツ合併、シチズンファインデバイス(株)設立
2016年
7月   フレデリック・コンスタント社株式取得
10月   シチズンホールディングス、シチズン時計、シチズンビジネスエキスパート統合、シチズン時計(株)に商号変更