CITIZENサイト内の現在位置

シチズン企業行動憲章

CITIZEN HOME > 会社案内 > シチズン企業行動憲章

ここからコンテンツがスタートします

シチズングループは、2007年4月1日の純粋持株会社体制移行を機に、「シチズングループ企業行動憲章」を4月6日に制定しました。
シチズングループは、この「シチズングループ企業行動憲章」に従って事業活動に取り組むことにより、企業の社会的責任を果たし、持続的な社会の発展に貢献していきます。

シチズングループ企業行動憲章

わたしたちは、あらゆる法令、社内規則を守り、企業行動憲章に従って行動します。
シチズンは、“市民に愛され市民に貢献する”企業理念のもと、

  • 1.安全、品質、環境に十分配慮した製品とサービスを顧客に提供します。
  • 2.商取引においては、公正、透明、自由な競争を行い、また政治、行政とは健全な関係を保ちます。
  • 3.広く社会とのコミュニケーションを図り、企業情報を積極的かつ公正に開示するとともに、適切な情報管理を行います。
  • 4.環境問題は人類共通の課題であり、また企業の存在と活動に必須の経営課題であることを認識し、自主的、積極的に取り組みます。
  • 5.良き企業市民として、地域社会との共生を大切にし、社会貢献活動に努めます。
  • 6.安全で働きやすい職場環境を確保するとともに、従業員の能力、活力を引き出し、人格、個性、多様性を尊重します。
  • 7.反社会的勢力及び団体には、毅然たる態度で対応します。
  • 8.海外においては、その文化や慣習を尊重し、現地の発展に貢献するよう努めます。
  • 9.グループ各社の経営トップは、本憲章の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、社内に徹底するとともに、関連企業や取引先に周知します。また、社内外の声を常時把握し、実効ある社内体制の整備を行うとともに、企業倫理の徹底を図ります。

この企業行動憲章を遵守するために、会社と従業員は、不断の努力を行います。万一、本憲章に反するような事態が発生したときは、会社は自ら問題解決と再発防止にあたり、社会に対して適切な報告を行います。また、権限と責任を明確化した上で厳正な処分を行います。

発効日2007年4月6日
シチズングループ経営戦略会議にて制定

この「シチズングループ企業行動憲章」を実践するにあたり、その具体的指針として「シチズングループ企業行動憲章実行の手引き」を同時に定めます。