シチズングループの環境配慮型製品

事例紹介 シチズン電子

フタル酸エステルの分析装置導入

フタル酸エステルの分析装置導

RoHS指令の改正に伴い、製品や部品等に含まれるフタル酸エステル類の含有状況の把握が必要となります。フタル酸エステル類は人体への影響が懸念されており、シチズン電子では迅速かつ簡単に分析ができるスクリーニング装置を導入しました。フタル酸エステル類は可塑剤として樹脂やゴムの柔軟性また成形の加工性を向上させることを目的に用いられるため、様々な部材に使用されています。また、移行性を持つ性質から製造工程から入り込む懸念もあるため、製造工程で使用されている部材についても調査する必要があります。現在は、含有の可能性のある製品や部材の代替化が完了し、製品の安全を確保することが出来ました。スクリーニング装置によって、製品が人体に与える有害性の懸念を排除できリスク管理に役立っています。

事例紹介 シチズン時計マニュファクチャリング(中国)

グリーン調達と製品含有化学物質規制の取組み

 広州務冠電子有限公司の製品開発中心(PDC)スタッフ
広州務冠電子有限公司の製品開発中心(PDC)スタッフ

PDC環境管理部ではシチズングリーン調達基準書に基づき、中国華南地区にある外装部品サプライヤーに対して環境規制などへの対応状況の管理、監視を行なっています。
基本取引サプライヤーと環境三文書を取交わし、重要取引サプライヤーに対して環境品質監査を行い、書類および現場を確認し、その評価結果から優秀なサプライヤーをシチズンとのグリーンパートナーと認定、認定書を発行しています。発行実績は2020年が41社となります。
また、グローバル環境規制の動向を注視し、製品に含まれる化学物質を管理するため、定期的に取引サプライヤーに最新法規制の説明会議を開催し、製品構成する材料SDS/RoHS分析/ニッケル規制/紛争鉱物等のデータを収集管理、指導を行なっています。
今後もお取引先と連携してシチズン環境方針に基いたものづくりを推進していきます。

事例紹介 シチズン時計

環境に配慮した製品の開発 ~ EcoDrive One ~

ザ・シチズン エコ・ドライブモデル
世界でいちばん薄い光発電時計『EcoDrive One』

腕時計として想像を超える薄さ…世界でいちばん薄い光発電時計『EcoDrive One』…それは時計の本質を究め、すべてを削ぎ落とした美しさです。わずか1㎜の光発電エコ・ドレイブムーブメントが3.53㎜(設計値)のケースを実現しました。メタルアレルギーを起こしにくく肌に優しいチタン素材のケースはステンレスより40%軽く、ストレスを感じない付け心地です。
シチズン独自の光発電技術で、定期的な電池交換が不要。太陽光や室内のわずかな光を電気に換えて時計を動かし、余った電気は二次電池に蓄え一度フル充電すれば、光のないところでも長時間駆動が可能です。
さらにアレルゲン金属を含まない表面硬化技術「デュラテクトα※1」を施しました。「デュラテクトα」はシチズンの独自技術「デュラテクト」の中でも最高硬度を持ち長い期間にわたって表面を傷から守ります。またサファイアガラスには耐久性と防汚性に優れた99%クラリティ・コーティング※2を施し、堅牢性に加え視認性を確保しています。
アナログ式光発電時計を発売してから40年の時を経て生まれた『EcoDrive One』は、シチズンの技術力が結集したモデルです。

※1 デュラテクトα:ステンレスやチタニウムなどの独自の金属表面硬度を高めた「デュラテクト」技術を進化させ、ビッカーズ硬度(HV)2,000以上と従来のデュラテクトの約2倍硬い合金被膜をケースとバンドにコーティング。キズがつきにくく貴金属に劣らない輝きを放ち続けます。
※2 クラリティ・コーティング:サファイアガラスの表裏両面にシリコン化合物を多層構造コーティングすることにより光の反射を抑え(透過率99%)、高い視認性を確保し時計の文字板を見やすくしました。また、キズがつきにくく、表面には汚れを防ぐ撥水膜を施し、優れた耐久性と防汚性を向上させました。

事例紹介 シチズンマシナリー

LFV 技術でCO2排出量を低減

シチズン独自の制御技術であるLFV(低周波振動切削)技術では、サーボ軸※1を切削方向に振動挙動させ、切削中に刃物があたらない「空振り」する時間を設けることで切りくずを分断させる加工が可能です。従来の部品加工の過程では、切りくずが長く、からまるリスクがあり、不良品の発生や刃具の破損が多く報告されてきました。LFV技術搭載の工作機械では、切りくずのからまりに起因する、機械の稼働停止の回数が少ないため、機械の起動に必要な電力を減らすとともに、切りくずの細断化によって廃棄物の容量を小さく抑える等、製造現場における環境負荷の低減を実現しています。更に、機械の不具合を減らすことによる加工コストの削減、切りくずの清掃頻度の回数を減らすことによる作業負荷の軽減等、顧客の製造プロセスにおける「環境イノベーション」にも寄与しています。LFV技術搭載のCNC自動旋盤は国内出荷に続きグローバルへの出荷も開始し、累計出荷は2,000台を突破しました。2019年度に国内に出荷されたLシリーズ(主軸台移動形CNC自動旋盤)の約8割にLFV技術が搭載され、同年度のCNC自動旋盤総出荷台数に対しては約3割の搭載となっており、LFV技術が当社事業に対する影響の度合いは大きいと考えています。

※1サーボ軸…モータ、ガイド等からなる送り機構部


従来の切削で切りくずが絡んでいる様子

切りくずの形状の差

低周波振動切削では、切削時に設けた「空振り」する時聞が切りくずを細かく分断して排出しています。従来の切りくずと比較し、1加工当たりの切りくず容量を約50~90%削減します。


切りくず写真比較

事例紹介 シチズンマシナリー

摩擦接合技術の開発

新たに開発された「摩擦接合技術」では、加工後に残る残材を大幅に削減することで、残材による廃棄物を削減し、より効率的に材料を加工することで材料コストの削減にも繋がることが期待されています。シチズンマシナリーの主要製品のひとつである主軸台移動形自動旋盤は、加工時に材料を掴む主軸チャック部と、切削点を保持するガイドブッシュ間の材料が、切削できない残材として残ることが課題でした。この残材を、機械外に排出することなく、背面主軸などでチャックし、次に供給される材料の先端と接合することで、残材を少なくし、材料を最大限有効活用することを可能にします。

事例紹介 シチズン電子

環境を意識した製品の開発照明用LED

照明用LED
照明用LED

LEDは環境にやさしい光として急速に広がり、私たちの生活の中でも多くの用途・場所にて使用されております。LEDは白熱電球に比べ、約1/10の低消費電力であり、蛍光灯に含まれる水銀などの有害物質も使用していません。また長寿命であることから買い替えによる廃棄物の削減にも寄与し、その優れた環境性能から、まさに「理想の光源」と言っても過言ではありません。
シチズン電子では、2003年より照明用LEDの開発をスタートさせ、現在では世界最高水準である70,000ルーメンを超える大光量・高効率の照明用LED開発に成功しました。この製品にはシチズン電子の環境方針である「より小さく、より薄く、より高性能な製品設計」というコンセプトが活かされており、常に先進技術を活かした製品の開発を推し進めております。また、省エネ性能に加えて、ダウン・サイジングによる部品点数削減、パッケージの小型化など、「材料」の視点においても、環境負荷低減を意識した開発を継続しています。

事例紹介 シチズン・システムズ

環境に配慮した製品の開発 サーマルプリンター

サーマルプリンター CT-S257
サーマルプリンター CT-S257

CT-S4500
CT-S4500

シチズン・システムズのサーマルプリンターは、世界中のお客様に愛される製品を目指したグローバルラインアップのコンセプトを掲げ、「小型化」、「省資源」、「省エネルギー」を実現する共通のデザイン、開発コンセプトを採用しています。外観面ではミニマルデザインを採用し、ダウン・サイジング設計によってコンパクトボディを実現、原材料の削減を図っています。 また機能面ではレシート印刷時の先端余白や行間幅などを削減できる『用紙セーブ機能』を搭載し省資源にも配慮しています。
各種操作をプリンター前面から行えるフロントアクセス設計を採用した「CT-S257」は、カウンター下などの狭い場所への設置が可能となり、店舗イメージの向上や省スペース化に貢献しています。
レシート印刷だけではなくラベル印刷にも対応する「CT-S4500」は、1台2役をこなす多用途機として、省資源、省スペース化を実現しています。
シチズン・システムズのグローバルラインアップ製品は、欧州のRoHS指令や、REACH規則の化学物質管理規則に適合しています。更には国際的省エネルギー制度である「国際エネルギースタープログラム」にも対応し、環境にもお客様のコスト削減にも貢献できる製品となっています。

事例紹介 シチズンTIC

環境に配慮した製品の開発 屋外電波時計

GPS衛星電波屋外時計
GPS衛星電波屋外時計

シチズンTICでは、電気二重層コンデンサを使用した環境にやさしい太陽電池式屋外時計を提供しています。省エネルギー回路設計により曇りや雨の日でも効率よく必要とする電力を確保します。電気二重層コンデンサは充放電による劣化が少ない為、従来のニッケルカドミウム蓄電池に比べ約3倍※の長寿命を実現、長期に渡りメンテナンス不要で正確な時刻表示を続けます。また、蓄電池の定期的な交換費用と交換品の製造、輸送で発生するエネルギーを削減でき、廃棄時も環境負荷が少ない製品です。2007年の発売以来全国の学校、公園などの公共の場でご愛顧いただいています。

※蓄電池寿命は設置環境により異なります。

事例紹介 シチズン時計

第1回「エコプロアワード」奨励賞を受賞

バーゼルワールド2018に出展したCITIZEN L
2020年新モデル CITIZEN L Ambiluna

CITIZEN L(シチズン エル)は地球のように美しいサステナブルウオッチブランドとして、地球環境や人に配慮したものづくりを約束します。
製品成分表・CO2排出量などの気候危機に取り組む決意表明としての情報公開。美しさの裏に犠牲をうまないDRCコンフリクトフリー宣⾔。定期的な電池交換不要のエコ・ドライブによる、廃棄電池の削減。取扱説明書のデジタル化で森林を守り、サステナブルパッケージの採⽤により、地球からゴミを減らします。
2018年12⽉に開催された「第1回エコプロアワード」では、奨励賞を受賞しました。