ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
平成の初めと終わりにみる、「ほどよい時間」 調査
調査概要時間の目次へ

平成30年の時間意識調査
【Ⅰ. 家庭・生活編】

Q

問14.1日にSNSを使用する時間(平日)
―――女性のほうが長く接したいSNS時間

平成30年
男性 女性
平均 28分 50分

平成元年には存在しなかったツールについても、ほどよい接触時間を聞いてみました。SNSを使用するほどよい時間は、男性「28分」、女性「50分」です。女性のほうが、長くSNSに接したいという結果でした。

Q

問15.1日にインターネット動画を見る時間(平日)
―――男性「52分」、女性「45分」

平成30年
男性 女性
平均 52分 45分

1日に動画共有サービス等でインターネット動画を見るほどよい時間は、男性「52分」、女性「45分」です。インターネットの登場によりテレビから視聴スタイルも変化しているようです。娯楽の多様化も、平成30年間での時間意識に大きな変化を及ぼしていると考えられます。

Q

問16.ネットショッピングをする時間(1回あたり)
―――画面越しに「30分〜40分」

平成30年
男性 女性
平均 31分 37分

買い物についても、外出することなくボタンひとつですることが一般的になりました。ネットショッピングをするほどよい時間は、1回あたり男性「31分」、女性「37分」です。移動時間が不要な分じっくり選べているのか、あるいは買い物も“時短”が現代の時間意識なのでしょうか。

Q

問17.1日の運動時間
―――男性「47分」、女性「41分」

平成30年
男性 女性
平均 47分 41分

健康維持に欠かせないのが運動です。1日の運動時間として男性「47分」、女性「41分」がほどよい運動時間と考えられているようです。疲れを感じない程度の運動時間も、毎日の継続するのは大変です。

この調査の目次へ次の調査へ