ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ

ビジネスパーソンの 「待ち時間」 意識

調査概要この調査の目次へ

はじめに

シチズン時計(本社:東京都西東京市、社長:戸倉敏夫)では、6月10日の「時の記念日」に先立ち、日常生活のさまざまなシーンでの『待ち時間』について、全国のビジネスパーソンを対象に調査しました。
今回は、5年前の2013年に当社が実施した同様の調査との比較に加え、新たな設問を追加し、待ち時間に関する意識を探りました。

<時の記念日について>
1920年(大正9年)に生活改善同盟会によって制定。“天智天皇が671年6月10日に漏刻(水時計)を設置し、初めて人々に時を知らせた”という『日本書紀』の記載が由来で、この日が「時の記念日」とされました。

【調査概要】

  • 期間
    2018年4月6日~8日
  • 方法
    インターネットによる調査
    (インターネット調査会社を通じてサンプリング・集計)
  • 対象
    20代・30代・40代・50代の全国のビジネスパーソン400人
20代 30代 40代 50代 合計
男性 50人 50人 50人 50人 200人
女性 50人 50人 50人 50人 200人

文中・表内の百分率(パーセント)の数値は小数点第2位を四捨五入しています。
そのため、合計が100%にならない場合があります。

調査結果の概要

【待ち時間のイライラタイム】
さまざまな場面・状況で、イライラを感じるまでの限界時間を聞いてみました。

公共施設などのイライラタイム
①病院 約6割が“45分まで”が限界
②役所 “15分まで”に約6割がイライラも、若干の緩和傾向
③金融機関のATM “5分まで”に64.6%の人がイライラ
④通勤時の電車の遅れ ある程度は計算済み?それでも“10分まで”に

日常生活のイライラタイム
①エレベーター 約6割が“1分〜1分超で”イライラ
②歩行者として信号を待つ 約6割が“1分〜1分超”でイライラ
③スーパー、コンビニのレジ待ち コンビニの方が早さが求めらるが、その差は縮まる
④ファストフード店で商品が出てくるまで “3分まで”でイライラ
⑤ランチタイムの飲食店での空席待ち 女性の方が待ち時間に寛容な傾向
⑥ランチタイム時、注文した料理が運ばれるまで 約5割が“10分まで”にイライラ
⑦居酒屋で最初の1杯が出てくるまでの時間 5分以内に乾杯したい男性 女性は提供時間に寛容
⑧外出先でのトイレ待ち 「3分」「5分」が上位。
⑨電話口で待たされる時間 “30秒以内”の取次ぎが理想

IT時代のイライラタイム
①スマホでウェブコンテンツにつながるまでの時間 “10秒以内”が一般的な感覚
②携帯電話にメールを送信してから、返信があるまで メール返信は“1時間以内”に
③無料通話アプリに、返信があるまで メールより若干早い返信、求められる
④国内のネットショッピングで購入した商品が自宅に届くまで 利用者は意外とのんびり

全体を通して女性は待ち時間に寛容な傾向

【覚悟の行列待ち時間】
待つのがあたりまえの状況で、どの程度待ち時間を覚悟しているかを聞いてみました。

①人気飲食店の入店待ち 女性の方が待ち時間を覚悟
②深夜タクシーの待ち時間 過半数が「15分」を覚悟、「30分」が限界
③テーマパークの人気アトラクション待ち 女性の方が辛抱強い
④携帯ショップの順番待ち 15分〜30分待つのを覚悟

【待ち時間をゼロにできるなら】
これまで挙げた全項目の中から、待ち時間をゼロにしたいものを3つ選んでもらいました。

◆ゼロにしたい待ち時間ベスト3は
「病院」、「人気アトラクション」、「トイレ待ち」

【急な待ち時間ができたら、何をする?】
取引先に訪問して、面会までに待ち時間ができたら、何をするか?を聞いてみました。

◆待ち時間のスマホ本位時代!!
一方で、「本や雑誌を読む」というアナログな行為も根強い

前のページへ戻るこの調査の目次へ