シンコム「L12」に2機種追加
-ツール搭載本数大幅増により、生産性・複合加工性能を向上-

工作機械

2018年10月10日
シチズンマシナリー株式会社

シチズンマシナリー株式会社(本社:長野県北佐久郡御代田町、社長:中島 圭一)は、小型精密主軸台移動形CNC自動旋盤シンコム「L12」にツール搭載本数を大幅に増加させた「VⅢ型」と「X型」を新たにラインアップ、2019年4月から発売します。
新製品の上位機種となります「L12 X型」を、11月1日から東京ビッグサイトで開催される「JIMTOF2018」に出展します。

主軸台移動形CNC自動旋盤シンコム「L12」シリーズ
発売日 2019年4月
月産予定台数 10台

Lシリーズは、精密機器部品、医療関係部品、自動車部品など様々な業種の金属加工で汎用性のある機械として世界中で販売されており、1986年の発売以来、累計出荷台数2万台を超えるロングセラーシリーズです。
今回、最大加工数径がφ12mmの小径加工が得意な「L12」に2機種を追加、ラインアップを拡充します。

多様な加工ニーズにあわせた機能を選択し、組み合わせられるモジュラーツーリングの採用と、X型では背面主軸へY2軸を追加することなどにより、ツールの最大搭載本数大幅増を実現しました(VⅡ型28本だったものがVⅢ型34本、X型38本)。
また、背面主軸回転数の高速化、加工工程配分の自由度の向上などにより、生産性や、複合・複雑加工性の向上を実現しています。

主な特長

  • 1.ツール搭載本数を大幅増。最大38本のツール搭載が可能に

    Lシリーズの特長の一つである、数多くのツール(バイトやドリル)を装着でき、工具同士が干渉しにくい水平ツールレイアウトを踏襲、背面主軸へのY2軸搭載(X型のみ)などにより、ツールの最大搭載本数が最大38本(X型。既存のVⅡ型28本、VⅢ型34本)となりました。
    また、バリエーション豊富な回転工具により、材料の端面の偏心した位置への穴あけ加工、斜め穴加工が可能な「角度調整式端面スピンドル」、マイナスネジのヘッド等ワーク端面に溝を入れる「スリ割スピンドル」、ねじ切り加工を行う「スレッドワーリング」など、様々な複合・複雑加工に柔軟に対応します。

    L12 X型、切削室内

  • 2.背面主軸回転数アップによる生産性の向上

    背面主軸駆動方式をベルトからビルトインモータに変更することで、背面主軸の最高回転数が既存VⅡ型比2割アップのMax.12,000min-1を実現しています。また、加減速時間を短縮するなど、生産性の向上を実現しています。

主な加工ワーク

精密機器関連部品、医療機器関連部品、自動車関連部品、デジタル・IT関連部品 他

主な仕様

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズンマシナリー株式会社
営業本部
TEL:0267-32-5901(直)

シチズン時計株式会社
広報IR室
TEL:042-466-1232(直)
製品に関するお問い合わせ先
シチズンマシナリー株式会社
営業本部
TEL:0267-32-5901(直)

関連リンク

シチズンマシナリー株式会社