シンコム「M32」新製品を発売
-シンコム最高峰Mシリーズの複合加工と生産性を向上-

工作機械

2018年9月11日
シチズンマシナリー株式会社

シチズンマシナリー株式会社(本社:長野県北佐久郡御代田町、社長:中島 圭一)は、主軸台移動形CNC自動旋盤シンコム「M32」の新製品3機種を2019年4月より発売します。
新製品は、9月10日からアメリカ・シカゴで開催される米州最大の工作機械見本市「IMTS2018」、11月1日から開催される「JIMTOF2018」に出展します。

主軸台移動形CNC自動旋盤シンコム「M32」
モデル 3モデル(V型、VⅡ型、VⅢ型)
発売日 2019年 4月
月産予定台数 15台(M32全体)

新製品は、Mシリーズの特長である「くし刃+タレットの構成」を継承しつつも、ベースとなるベッドから構造を見直し、フルモデルチェンジをしました。
タレット回転工具へのシングルドライブの搭載や、正面主軸や背面主軸では従来機種比 約1.5~2倍など各種モーターの高出力化、最新NC装置搭載などにより、生産性が向上しました。また、新たに開発した新HMI(ヒューマン マシン インターフェース)操作盤を搭載。切削室の扉も大型化し、作業スペースを確保するなど、操作性や使い勝手も向上させました。
最上位機種となるVⅢ型では、背面刃物台へのY軸と、くし刃回転工具へのB軸搭載により、複雑な複合加工を実現しています。B軸は背面主軸への加工も対応可能で、これにより背面主軸の加工の幅が広がり、正面主軸に偏りがちだった加工工程配分の自由度が向上するなど、生産性も向上しています。

主な特長

  • 1.高生産性を支える充実した標準装備

    正面/背面主軸では出力を従来機に比べ約1.5~2倍、タレット回転工具モーターの最大トルクも2倍以上に高め、高生産性と共に、重切削を可能にしました。また、シンコム機では初となる加工する回転工具のみ駆動させるタレットのシングルドライブを搭載。加工工具への的確な動力伝達・高効率化/高精度化、ツーリング寿命など各種性能が向上しました。
    Mシリーズでは初めて主軸切り替え仕様を標準装備し、長尺加工に適したガイドブッシュ式※1と、残材長さの短縮に適したガイドブッシュレス式の2つの方式の切り替えが可能です。加工条件に合わせてそれぞれの特長を活かすことで、お客さまのトータルランニングコストを抑制します。

  • 2.機能を向上させたB軸機能により複合加工を実現(VⅢ型のみ)

    B軸(VⅢ型のみ)はY軸に対する傾斜軸で、複数の角度を持つ斜め加工や、ヘリカル補間加工など、さまざまな斜め加工が可能です。150度の可動範囲により背面主軸側の加工も対応可能で、加工の自由度が広がります。難しくなりがちな斜め加工のNCプログラムに関しても、簡単に設定できる仕様となっています。
    直交3軸と旋回2軸の同時5軸制御によるコンタリング(輪郭)加工では、曲面においても連続して最適な角度で加工できるため、切削面をきれいに仕上げることができます。

  • 3.作業者への配慮

    新HMI(ヒューマン マシン インターフェース)搭載の操作盤には15インチのタッチパネル採用で作業者の機械操作性を向上、タレットツーリング形式を運転準備画面で選べる選択式ツールセットなどにより、段取り、プログラム作成時間が短縮できます。
    新操作盤の配色などに初めてユニバーサルデザインを導入※2。色の見え方の多様性に配慮し、全ての人に見やすく分かりやすい情報提供を目指しています。
    切削室の扉を閉めた状態でも切削点が見えるようガラス部分を従来機に比べ65%拡張しました。また、広く開放的な作業スペースを確保、作業者のツール取付けなどを容易にするなど、ユーザビリティも追求しています。

主な加工ワーク

医療機器部品、自動車関連部品、油空圧機器部品および、精密機器部品 他

主な仕様

※1 ガイドブッシュ:細長いワークを削る際に、材料がたわまないよう工具の手前で材料を支える装置。短いワーク加工の場合はそのガイドブッシュが不要となり、ガイドブッシュとチャック間の余分な材料(残材)をなくすことができる。

※2 メディア・ユニバーサル・デザイン(MUD)協会からの認証を取得しています。

お問い合わせ

報道関係の方のお問い合わせ先
シチズンマシナリー株式会社
営業本部
TEL:0267-32-5901(直)

シチズン時計株式会社
広報IR室
TEL:042-466-1232(直)
製品に関するお問い合わせ先
シチズンマシナリー株式会社
営業本部
TEL:0267-32-5901(直)

関連リンク

シチズンマシナリー株式会社