シチズンの成長戦略

平成25年2月に、平成31年3月期を最終年度とする中期経営計画「シチズングローバルプラン2018」を策定しました。
本中期経営計画におけるスローガンを「真のグローバル企業を目指して ~スピードと活力の溢れる企業グループへ~」と定め、前期3年と後期3年に分けて、取り組んでおります。

シチズングローバルプラン2018(後期)の中期経営方針

本中期経営計画後期において、以下の中期経営方針で取り組んでまいります。

1.時計事業、および時計製造で培われた強みを活かせる領域にフォーカスし、カテゴリートップクラスのグローバル競争力を持つ事業の集合体を目指す。

2.高収益体質になるべく、製造確信を進め収益力強化を図る。

中期経営計画目標指標

本中期経営計画において、下表の目標数値を設定しております。

中長期的な事業戦略と対処すべき課題

(1) 中期経営計画の対処すべき課題の取り組み状況(前期3か年)

本中期経営計画の前期3年間(平成26年3月期~平成28年3月期)では、筋肉質な経営体質の構築を図るため、徹底した構造改革と体質強化を行いました。
後期3か年においても、継続的に体質強化に取り組んでまいります。

(2) 事業ポートフォリオの明確化

本中期計画内において、時計事業を「グループ成長の核」と位置づけ、工作機械事業を時計事業に次ぐ「第2の柱」へと育成するとし、弊社の事業ポートフォリオを明確化しております。

(3) 中期経営計画の対処すべき課題(後期3か年)

後期3年間(平成29年3月期~平成31年3月期)では、より一層厳しさを増すグローバル競争に打ち勝つために、収益性の向上を目的として製造力の強化を更に推し進め、同時に積極的に成長投資を行うことで業績の拡大を図り、平成31年3月期のありたい姿である「真のグローバル企業」を目指してまいります。

(4) シチズングローバル2018レビューと2018年度取り組み方針

2018年度は、本中期経営計画の最終年度にあたります。
本中期経営計画の中で、取り組むべき課題に取り組んで参りましたが、外部要因・内容要因共に当社のありたい姿との乖離が生じてしまった部分も出てまいりました。
当社は、2018年度を新中期経営計画の助走期間として位置付け、主要の時計事業においては「トップラインの引き上げ」、第2の柱の工作機械事業においては「強みとしている技術で差別化を図ること」に注力していきます。