シチズングループの中期経営計画

真のグローバル企業を目指す:「シチズングローバルプラン2018」

シチズングループは、世界で勝ち抜くグローバル企業になることを目指し、2013年にシチズングループとして初めてとなる6カ年での中期経営計画「シチズングローバルプラン2018」を開始しました。「シチズングローバルプラン2018」では、時計事業、および時計製造で培われた強みを生かせる領域にフォーカスし、カテゴリートップクラスのグローバル競争力を持つ事業の集合体、および高収益体質になることを目指し、製造革新を進め、収益⼒強化を図ることに注力しました。前半3カ年では、徹底した構造改革と体質強化を行い、事業の選択と集中に取り組みましたが、外部環境の変化等により未達だった点もありました。後半の3カ年では、引き続き製造力の強化を推し進め、更なる体質強化に取り組みます。

「シチズングローバルプラン2018」重点課題、および取り組み内容

2016年~2018年重点課題 取り組み内容
徹底した体質強化/製造⼒の強化 製造革新による原価低減や資産効率の向上
事業成⻑に向けた積極的投資とマーケティング⼒の強化 中期経営計画前期3ヵ年で生み出した原資
製品・事業の選択と集中 グループ各社が展開する事業や製品の選択と集中の推進、事業・製品を明確化
人の生産性改善と⼈材力強化 グローバル環境の中であらゆる変化に対応
組織力の強化