資源の有効活用と廃棄物の削減

工場からオフィス、社員食堂に至るまで、あらゆる職場で廃棄物削減活動を進めています。廃棄物を減らすとともに、再資源化を進め、循環型社会をめざします。

廃棄物削減活動の推進

シチズングループでは、循環型社会の形成に貢献するため、ごみゼロ活動として、廃棄物の排出を減らすだけでなく、再資源化も推進しています。2016年度もグループ全体で再資源化率が99%となり、事務所別では24事業所がごみゼロを達成しました。

シチズングループの排出物量の推移

シチズングループの排出物量の推移

事例紹介 冠利鐘表有限公司

冠利鐘表有限公司(中国)の省資源活動

BOD処理も可能な廃水処理設備
処理量は、25~30t/日で、65%をリサイクル水として再利用(ケース工場の洗浄水)しています。

リサイクル水(槽排水の65%活用)の」処理設備(RO処理)
総廃水の処理設備(RO処理)

その他の廃棄物の削減の取り組みについてはこちらをご覧下さい。