環境配慮型製品の充実

シチズングループは、製品が環境に与える影響を強く認識し、信頼性や安全性と同様に、製品の環境品質の向上に努めています。

環境配慮型製品の拡大への取り組み

シチズングループでは、「環境配慮型製品」の充実への取り組みを行っています。開発段階から多項目の環境製品アセスメント(評価)を実施し、「省資源・省エネルギー」「再資源化リユース・リサイクル)」「長期使用性」「環境保全性(有害化学物質管理)」「環境情報の提供」「包装材」などの評価基準をすべて満たした製品を環境配慮型製品に認定しています。なおREACH規則※1RoHS指令※2への対応については、管理システムを導入し、化学物質管理を実施しています。

※1:REACH規則
化学品の登録、評価、認可に関するEUの規則。一定量以上の化学物質を扱う企業は、当該物質の特定や危険性に関する情報の登録などが義務づけられる。2007年 6月1日から施行されています。

※2:RoHS指令
EUの有害物質使用制限指令(2006年7月より鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、臭素系難燃剤(PBB、PBDE)の6種類の化学物質を指定値以上含有した電気・電子機器製品の販売がEU域内で禁止される)

グローバルな製品環境規制に対応するため、グループグリーン調達基準書を改定しました。より安全・安心な製品を提供するとともに、取引先や消費者の要求に対しても製品を安全に使用するための十分な情報提供を行っています。また、法律で要求されたリスク評価に基づき、外部調達先の環境監査やハイリスク品に対する分析等も実施しています。

環境配慮型製品の評価基準

下記の評価項目をすべて満足していること。

  評価項目 評価基準
1 製品配慮にかかわる事前表示 製品アセスメントを実施していること
2 省エネルギー
省資源
稼働時、待機時の消費電力が削減されていること※1
節電機能を有していること
質量、体積、部品点数のいずれかが減少していること※2
3 再資源化
(リユース・リサイクル)
再資源化容易材料を使用していること※3
25g以上かつ200㎟以上のプラスチック部品の場合は材料表示をすること※4
4 長期使用性 修理、交換が容易な構造で信頼性・耐久性が確認されていること※5
5 環境保全性 シチズン化学物質管理基準を満足していること
6 環境情報の提供 タイプまたはタイプⅡ環境ラベルに準拠した情報公開ができること
7 包装材 再資源化容意材料を使用していいること
シチズン化学物質管理基準を満足していること
8 上記以外の評価項目 該当する業界基準などを参考に設定する※6

※1 基準となる従来製品などを設定する。
※2 基準となる従来製品などを設定する。ただし、デザイン、機能上で制限される製品は除く。
※3 電子部品は除く。
※4 直接表示しない場合は、取扱説明書などへの記載でも可。
※5 具体的な組み合わせ事例を設定すること。
※6 対象は化学製品等。

事例紹介 シチズン時計

エコプロダクツ大賞

東京ビッグサイトで開催されたエコプロダクツ2016会場において、エコプロダクツ大賞の表彰式が執り行われました。シチズン時計は「エコ・ドライブ」でエントリー。大臣賞は逃したものの「エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)」を受賞。登壇した木原上席執行役員に対し、同推進協議会会長森島昭夫氏(名古屋大学名誉教授)より、賞状が授与されました。同賞受賞はエコ・ドライブ40周年に花を添えるものとなりました。

事例紹介 エコプロダクツ大賞

事例紹介 シチズン時計

エコマークアワード受賞

ザ・シチズン エコ・ドライブモデル

シチズン時計は、公益財団法人日本環境協会が主催する、「エコマークアワード2014」において、時計業界として初めての最高賞である「金賞」を受賞しました。
この賞は、エコマーク商品をはじめとする環境配慮型商品の製造、販売あるいは普及啓発等により、「消費者の環境を意識した商品選択、企業の環境改善努力による、持続可能な社会の形成」に大きく寄与した企業・団体等の優れた取り組みを表彰するものです。
今回、光発電技術を搭載した腕時計「エコ・ドライブ」で、1996年に業界で初めてエコマーク認定を取得し、現在ではシチズンブランドの国内販売の99%をエコ・ドライブ化とするなど、環境面で時計業界をけん引していること、およびソーラー技術の機能性を高めるだけでなく、デザインの美しさとの融合をめざし、消費者がより長く愛用できる時計を追及することで、多彩な商品ラインアップを実現していること、さらに商品カタログ、ウェブサイト、店頭ポップなど、さまざまな媒体でエコマークを活用し、「エコ・ドライブ」というわかりやすい名称と相まって消費者の環境意識の向上に大きく貢献していること、などが評価されました。

LCAの取り組み

LCA(Life Cycle Assessment)とは、資源採取から製造・流通・使用・リサイクル・廃棄に至る“製品のすべてのライフサイクル”を通じて、投入した資源やエネルギーと排出された物質の量などを計上し、各種の環境負荷を定量的に評価する手法です。シチズングループでは、環境負荷の把握と低減を促進するため、製品の企画検討、設計変更、工程改善などにLCAデータを算出して活用することをめざしています。

電卓用プリンターのLCA実施結果シチズン・システムズ

電卓用プリンター(PA600)を対象にLCAを実施しました。シチズン・システムズがプリンター類を対象にLCAを実施するのはこれが初めてです。
下記のグラフは、プリンターが製造されてから廃棄されるまでの各ステージにおいて、環境に与える負荷を地球温暖化の観点から算出したデータです。
分析結果から、プリンター使用時に排出するCO2量が総排出量の93%を占めることがわかりました。今後の新製品開発では、「使用時の消費電力が小さい製品づくり」をテーマに掲げ、環境負荷低減に貢献していきます。

電卓用プリンター(PA600)
電卓用プリンター(PA600)

CO2排出量※1

CO<small>2</small>排出量
※印1 100万行を印字することを想定しました。廃棄ステージは埋め立てとして評価しました。