LCAの取り組み

体温計のLCA実施結果シチズン・システムズ

シチズンで製造している製品が、環境にどのような影響を及ぼしているのか調査するため、今回は3種類のユニバーサルデザイン体温計を対象としてLCAを実施しました。
グラフは各製品が製造されてから廃棄されるまでの各ステージにおいて、環境に与える負荷を地球温暖化の観点からLCAで算出したインパクトデータです。
製品の機能が向上するほど、部品点数の増加や構造の複雑化によって、環境に与える負荷が高くなる傾向にあることを定量的に把握することができました。
今後はより便利な機能と環境負荷低減の両立を見据えて、新製品の企画・設計と製造方法の検討をしていきます。

  • 予測式体温計 CT786SP

    予測式体温計 CT786SP

  • 振動体温計 CT785V

    振動体温計 CT785V

  • 実測式体温計 CT782W

    実測式体温計 CT782W

地球温暖化(CO2換算)

地球温暖化(CO<small>2</small>換算)への影響

エコ・ドライブ腕時計のLCA実施結果シチズン時計

腕時計を対象に、チタンおよびステンレスという外装の材質の違いに注目してLCAを実施しました。
今回、実施したライフステージは、素材製造ステージから製品製造ステージまでです。
なお、腕時計は時計駆動部のムーブメントと、ケース部・表示部・バンド部からなる外装で構成されています。
下記のグラフは、腕時計1個当たりの「地球温暖化」「酸性化」「エネルギーの消費」のインパクトデータを示します。
今後は、使用ステージからリサイクル・廃棄ステージまで含めた全ライフサイクルでLCAを実施することが課題です。

エコ・ドライブ腕時計のLCA実施結果

LCAの結果

LCAの結果