お取引先とシチズン

シチズングループは、「国連グローバル・コンパクト」の精神および「シチズングループ行動憲章」の精神に基づき、人権・労働・環境・腐敗防止などの社会課題に配慮しCSRを積極的に推進するお取引先と強固なパートナーシップを構築したいと考えています。

CSR調達の推進

シチズングループでは、サプライチェーン全体で社会的責任を果たしていくために、CSR調達を進めています。具体的には、「国連グローバル・コンパクト」および「シチズングループ行動憲章」に基づき、人権尊重をはじめ、環境保全、労働安全衛生、公正取引などの要請事項をまとめた「CSR調達ガイドライン」の遵守をお取引先に依頼しています。今後もサプライチェーン全体で社会的責任を履行し、お客様に愛され、親しまれるものづくりを実践できるよう、お取引先との連携強化に努めます。

シチズングループCSR調達方針

シチズングループは、「市民に愛され市民に貢献する」という企業理念に基づき、お客様に多種多様な製品/サービスを提供しています。 このために必要となる物品・サービスの調達においては、「シチズングループ行動憲章」に基づいた、公正、透明、自由な取引を行うため、以下の調達基本方針を定めています。
1.公正で透明な取引
物品・サービスの調達において、品質、価格、納期に加え法令、社会規範の遵守を尺度とした、合理的な基準に基づいてお取引先を選定します。
2.法令、社会規範の遵守
調達活動における各国の法令・社会規範を遵守します。
3.人権の尊重と労働環境への配慮
国際的に宣言されている人権基準を尊重すると共に、労働環境に配慮した調達活動を推進します。
4.環境に配慮した「グリーン調達」の推進
環境に配慮した製品づくりを進めるため、環境負荷の少ない部材を優先的に採用し、地 球環境の負荷低減に貢献します。
5.お取引先との共存共栄
国内外を問わず、シチズングループと目標を共有できる全てのお取引先と、より良いパートナーシップの構築に努めます。

シチズングループ CSR調達ガイドラインPDF(日本語)
シチズングループ CSR調達ガイドラインPDF(英語)

下請取引適正化

シチズングループでは、従業員への教育として「下請法講習会」を開催し、下請法遵守の周知徹底を図っています。この講習会では、まず『ポイント解説下請法』(公正取引委員会・中小企業庁の下請法ガイドブック)を利用して、下請法の適用対象の範囲、親事業者の禁止事項、親事業者の義務について紹介します。さらに、どのような行為が下請法上問題となるのか理解を深めるために、具体的な違反行為を紹介しています。
2016年12月14日には、下請法の運用基準が13年ぶりに改正されました。この改正は、中小企業・小規模事業者の取引条件の改善を目指すもので、具体的な違反行為事例が大幅に増加されました。例えば、買いたたき(合理性のない原価低減、原材料高騰時の単価の据え置き)、不当な経済上の利益提供要請(型の無償保管)、不当な給付内容の変更・やり直し等の事例が追加されています。この改正内容から下請法運用強化の動きを理解しておくことは、違反行為の未然防止にとって重要なことです。
シチズングループの事業は、バリューチェーンのあらゆる段階で多くのビジネスパートナーに支えられています。発注者と受注者との双方がWin-Winの関係を本当の意味で築くために、望ましい取引方法に改善を進めています。このことが、中小企業等の技術力や生産性の向上に結び付き、さらにシチズングループの競争力の向上につながるように取り組んでいます。

下請法教育
下請法講習会

障がい者福祉センターとの事業連携

シチズン時計では、40年以上の長きにわたり社会福祉法人村山苑へ腕時計部品やアフターサービス部品の計数、包装、時計の解体等の業務委託を行っています。委託先として高い信頼関係にあり、2013年2月には社会福祉法人全国社会福祉協議会より『協力企業表彰』として感謝状を授与されました。これからもサプライチェーンにおける社会的責任を果たしていきます。

社会福祉法人 村上苑における計数業務
社会福祉法人 村上苑における計数業務