リスクマネジメントの徹底

基本的な考え方

シチズングループでは、グループ全体の事業目的の達成、及び健全かつ持続的な発展をより確実なものとするため、リスクを把握・分析評価しながら、これに対応することによってリスクを適切に管理する活動を行っています。

グループリスクマネジメント委員会

シチズン時計社長を委員長とする「グループリスクマネジメント委員会」を設置し、グループ全体のリスクマネジメントの整備・運用・モニタリングを進めています。
また、グループが直面するリスクテーマに応じてグループ本社に担当役員及びリスク主管部門を配置し、グループ全体へのリスクマネジメント活動を支える為に主要なリスクテーマに応じてそれぞれグループ委員会を設置しています。

リスクマネジメントプロセスの基本

クライシス対応

世界各地で発生しうる重大な危機(事件・事故、テロ、災害、不祥事等)に備え、グローバルでクライシスマネジメント体制構築に取り組んでいます。 迅速かつ適切に危機情報を収集・判断・開示するために、本社への報告基準明確化、事案の重要性判断を行う緊急事態認定会議、及び具体的な対応を検討する危機対策本部の設置等を行い、事業及びステークホルダーへの影響を最小限に抑える態勢を整備しています。

海外安全管理システム

シチズングループでは、従業員の海外に於ける安全管理を推進しています。
海外で勤務する従業員が増える中で、テロや政情不安、自然災害、感染症など、予期せぬ事態が世界各地で発生しています。これら不測の事態は、企業に大きな損害をもたらす可能性があります。
万が一の事態に備え、海外安全管理事務局が出張者や駐在員の居場所を常時把握し、突発的な事件・事故が起きた場合の安否確認と状況に応じた適切な指示を与えられるような体制を整えています。
また、日々の海外危険情報をモニタリングしながら、出張者や駐在者に対して積極的な情報発信を行っています。

災害BCP(事業継続計画)

大規模災害等により経営リソースに甚大な影響を与え、事業が停止又は中断した場合、或いは中断する可能性が見込まれる場合に備え、事業継続に必要な体制や役割、対応手順等を定め、製品やサービスの供給を継続、又は早期復旧が可能になるようBCPの策定を行っています。
策定されたBCPについては、リスク変化に対応させると伴により実効性と高度化を目指しながら、訓練実施やBCPメンテナンスを進めています。
2015年度は、時計事業グループの中国とタイの生産拠点において、海外では初めてとなるBCP訓練を実施し、2016年度はシチズン時計とシチズン時計マニュファクチャリング合同のBCP訓練を実施しました。

営業秘密管理

事業活動にとって重要な情報である営業秘密を保護するため、シチズングループでは2011年度に「シチズングループ営業秘密管理規程」を制定しました。また、グループの営業秘密管理を推進させる組織として「シチズングループ営業秘密管理推進委員会」を設置し、管理体制構築のサポートや営業秘密に関する情報共有、問題発生の防止にグループとして2012年度より取り組んでいます。一方、シチズン時計および主要なグループ会社は各々に営業秘密管理規程を導入し、従業員教育なども実施しています。また、海外への展開については2012年度後半から実施しています。

営業秘密管理を徹底し、企業価値の向上をめざす

シチズンマシナリー
グループ全体で地に足の着いた活動の継続が重要
シチズングループのなかで工作機械事業を牽引するシチズンマシナリーでは、2011年度に営業秘密管理システム構築推進委員会を発足して活動を開始し、2012年度からシステムの実運用に入り現在に至っております。運用にあたりましては、当初より下記の"営業秘密管理における5つのポイント"を掲げて地に足の着いた活動を進めて参りました。また、現在は営業秘密管理専門部会と各部門長が中心となり、毎年各部門で管理すべき“営業秘密管理対象情報”を見直しながら、適切に最新情報管理を行っております。
2015年度の活動では特に図面情報に関わる管理の徹底を目標に揚げ、規程や細則に加えて新たに『図面の扱いについてのガイドライン』を整備し、国内外のグループ子会社も含めて具体的な管理運用を展開することで、営業秘密管理システムの向上を図りました。
当社では、今後ともこうした取り組みを継続することで社内の管理品質を高めていくとともに、開発・製造・販売・サービス・管理各部門に関わる当該情報管理のみならず、それらに付随した新たなビジネスモデルの付加価値の源泉となる情報管理も徹底して、企業価値の向上をめざして参ります。

営業秘密管理における5つのポイント

①自社の付加価値を支える独自情報(営業秘密)は適切な仕組みで管理する
②営業秘密を適切に管理することは法的権利を受けるための前提条件
③営業秘密は実効的な管理を行うことが重要
④自社の情報のみならず他社からお預かりした営業秘密も同じように管理する
⑤海外拠点へも確実な管理運用展開が不可欠
—営業秘密管理専門部会—