株主・投資家とシチズン

情報開示とIR活動

シチズン時計は、株主・投資家の皆様との対話の機会を増やし、最新の状況や経営ビジョンを適切に伝えることで企業活動の透明性を高め、企業価値を向上させることをめざしています。年4回の決算発表と決算説明会をはじめ、個別ミーティング、工場見学会、個人投資家向け会社説明会の実施、証券会社の行うフォーラムへの参加などを通じて、コミュニケーションの機会を増やすよう努めております。また、外部の見方や意見を内部に伝え、企業活動の改善につなげるといった双方向のコミュニケーションも重要な役割です。より多くの方にシチズングループをご理解いただき、長期的な信頼関係を築けるように取り組んでいます。

利益還元方針

シチズン時計は、配当および自己株式取得の合計額の、連結当期純利益に対する比率を「株主還元性向」ととらえており、3年平均で30%以上とすることをめざしています。
配当については、連結業績との連動と安定配当のバランスを勘案し決定しています。

所有者別株式分布(グラフ)

所有者別株式分布(グラフ)
(2017年3月31日現在)

1株あたり配当金の推移(グラフ)

所有者別株式分布(グラフ)

開かれた株主総会

シチズン時計では、より多くの株主の皆様に株主総会に出席していただけるよう、収容人数や交通アクセスに配慮して会場を決定しています。
また、株主総会では、映像とナレーションを用いて説明を行い、株主の皆様に理解を深めていただくよう努めているほか、意見や質問をいただきやすい仕組みづくり、スムーズな運営を心がけています。
さらに、当日ご出席になれない株主の皆様が議決権を行使しやすいように、議決権行使書の郵送だけでなく、パソコン、スマートフォンまたは携帯電話からのインターネットを利用した議決権行使や機関投資家向け議決権電子行使プラットフォームの利用を可能にするなど環境整備を図っています。

開かれた株主総会

インサイダー取引の防止

シチズングループは、インサイダー取引を未然に防ぐための規則の制定・変更などの必要な手続きを随時実施しています。シチズン時計と国内連結子会社各社では、役員と重要事実を扱う可能性が高い従業員による売買を許可制としています。また、新入社員研修など定期的に説明の機会をつくり、役職員の理解を深め、実効性の確保に努めています。