シチズングループのマテリアリティ(重要課題)

シチズングループのマテリアリティ

シチズングループでは、社会やステークホルダーにとって重要な社会課題のうち、企業理念や行動憲章、また中期経営計画等の事業戦略と照らし合わせ、シチズングループにとっても特に重要度の高い課題を整理し、以下の6つをマテリアリティ(重要課題)として選定しました。

コーポレート・ガバナンスの強化

シチズングループの企業価値の継続的な向上を目指し、グループ全体での効率的な業務執行、および監督体制の構築・経営の透明性・健全性の確保のための組織や社内制度を整備します。

リスクマネジメントの徹底

シチズングループ横断的、或いは個々の事業を取り巻くあらゆるリスクの予防と、緊急事態発生時に従業員や地域社会の安全に配慮し事業を継続していけるよう、リスクマネジメントを推進します。

コンプライアンスの徹底

シチズングループ行動憲章の浸透の徹底を基軸として、経営の根幹としてのコンプライアンスの徹底を、グループ全体で推進します。

働きやすい職場環境づくり

多様性を認め合い、また互いの能力を高め合う企業風土を強化します。
誰もが安心・安全に働ける職場づくりを実践します。

責任ある調達の推進

グループ全体での調達活動の最適化を目指し、お取引先とともに、サプライチェーンにおける社会課題の解決を目指します。

環境イノベーションの促進

シチズングループの製品やバリューチェーンの事業プロセスにおいて、環境負荷の低減に努めます。

マテリアリティと持続可能な開発目標(SDGs)

シチズングループのマテリアリティを、国連の「持続可能な開発目標」(SDGs: Sustainable Development Goals)に紐づけることで、持続可能な社会の構築のために解決すべき重要な課題を再確認するとともに、そのために、シチズングループが事業活動を通じてできることを改めて明確にしました。
シチズングループは、国際社会の一員として、また、「真のグローバル企業」としての責任を果たすために、長期的かつ積極的に持続可能な社会の実現に取り組みます。

取り組み一覧