社会貢献活動

学習・教育

養護学校技術講習会

シチズン時計マニュファクチャリング飯田工場

養護学校技術講習会

2002年より飯田養護学校と連携し、時計製造の技術講習会を定期的に実施。これまでに多くの卒業生を採用してきたほか、講習会を通じて働くことへの関心を高めてもらい、障がい者の皆さんの社会進出の手助けをしています。

親子時計組み立て体験教室

シチズン時計マニュファクチャリング飯田工場

親子時計組み立て体験教室

「地元にある企業を知り、ものづくりに関心をもってもらうことで、次世代を担う若者たちの就労の意識向上につなげる」ことを目的に、飯田市の青少年育成に関する「スーパーサイエンス推進事業」の一環として「未来の“マイスター”は君だ!!」を2007年より毎年実施しています。

児童養護施設の子供たちへの就労支援(2012~2013年、2016年)

シチズン時計、シチズン時計マニュファクチャリング

児童養護施設の子供たちへの就労支援(2012~2013年)

NPO法人ブリッジフォースマイルが主催する児童養護施設の中学生を対象としたインターンシップの受け入れを行いました。子どもたちに体験してもらった時計の分解組立教室では、「働くとはどういうことか」「どのような職業があるのか」を経験し、子どもたちに「ものづくりの楽しさ」を学んでもらうと共に、従業員との交流が将来を考えるきっかけになるようなプログラム
で子供たちを支援しました。また講師にとっては、児童養護施設で暮らす子どもたちの存在や、その子たちが18歳には施設を退所し一人暮らしをしていかなければならない現実を知り、社会課題を学ぶ機会となっています。
すべての子どもが夢と希望をもてる社会の実現に向けて、これからも継続して応援していきます。

地元高校への出張品質管理講座

シチズン時計マニュファクチャリング 河口湖工場

河口湖地元高校への品質管理講座
河口湖地元高校への出張品質管理講座

シチズン時計マニュファクチャリング河口湖工場近隣の高校が、県の「工業系高校生実践的技術力向上事業」の指定を受けています。地元企業と行政が連携して工業人を育成する教育プログラムを開発し、地域活性化と地元企業への採用と貢献を目的とした活動を行う事業です。この一環として、2015年度より河口湖工場の時計学校が「製造業における品質管理講座」と題した3時間集中講座の講師を担当し、高校生の実践的知識習得に一役買っています。

工場見学者の受け入れ

シチズン時計マニュファクチャリング東北工場

工場見学者の受け入れ

シチズン時計マニュファクチャリング東北工場では「ものづくり」に関心を持ってもらい子どもたちや地域の方々とのコミュニケーションをとりながら社会貢献のひとつとして工場見学の受入れを行っています。北上市と連携し市のホームページや企業ガイドブックに掲載しPRしており、北上市内はもとより県内各地の学校・他県からの方も受入れをしております。
2016年度は合計454名の方々をお迎えしました。

従業員家族の子供参観日

シチズン電子

CEJ子ども参観

シチズン電子では従業員のお子様を対象とした「子ども参観日」を、毎年夏休みに合わせ開催しています。「次世代育成支援対策推進法」に関する取り組みの一環で、昨年で11回目の開催となりました。主力製品である照明用LEDパッケージを使用した、オリジナルランプづくりや、クイズを交えた社内見学、社員食堂でのランチタイムなどを通し親子の絆を深め、ものづくりへの楽しさをお子様が体験できる内容となっております。例年多くのご家族に参加いただき、盛況のイベントとなっています。

次世代育成のための職場体験学習

シチズン時計マニュファクチャリング東北北上工場(2013~)

次世代育成のための職場体験学習_鬼っジョブ

岩手県北上市内の小学生4~6年生を対象に職業体験や社会体験にチャレンジし、楽しみながら社会のしくみを学ぶことを目的とする「鬼っジョブ~おしごとパーク」に2013年から参加しています。子どもたちは消防士やパティシエ、美容カウンセラーなどさまざまな職業体験を行いました。
CWMJ東北北上工場では腕時計の組立体験ができるブースを出店し、時計の知識を学んでもらったり、ものづくりの楽しさ、大変さを子どもたちに体験してもらいました。今後も地域の子どもたちに時計やものづくりに興味を持ってもらえるように継続して取り組んでいきます。

そうそうこども科学祭(2014年~)

シチズン時計マニュファクチャリング東北相馬工場

そうそうこども科学祭

遊びながら「科学技術」や「ものづくり」、「地域文化」を楽しく学ぶ事を目的とした体験型イベント『そうそうこども科学祭2016』が、2016年12月10日南相馬市にて行われました。シチズン時計マニュファクチャリング東北相馬工場では3年前から継続して出展しています。参加した子供たちに文字板に自由に絵を描いてもらい、「世界に一つだけの腕時計」を作る体験をしてもらいました。当日は子供たちの真剣で楽しそうな姿、時計が組み上がると達成感でいっぱいの笑顔に触れることができました。子供たちの職業体験を通じて、地域市民との交流を深め、社会貢献していきたいと思います。

地元高校生への進路講座

シチズンファインデバイス河口湖事業所

シチズンファインデバイス河口湖事業所では、地元高校の就職指導に関する講話会へ社員を派遣し、社会人としての仕事に関する心構えについて話をしています。今年は昨年当社に入社した地元高校OBも引率。社会人1年目として日々会社で学んでいること、仕事の厳しさ等を発表してもらいました。会場の生徒からは、先輩の生の声を聞くことが出来てとても参考になった、自分達も立派な社会人になれるよう頑張りたい、との感想が聞かれました。

飯田養護学校での技術指導(2002年~)

シチズン時計マニュファクチャリング飯田工場

飯田養護学校での技術指導(2002年~)

シチズン時計マニュファクチャリング飯田工場では、地域の養護学校と連携し、毎年高等部2年生を対象に時計製造の技術講習会を実施しています。従業員が養護学校に出向いての技術指導、時計学校でのムーブ・完成品組み立てなど、全5回のカリキュラムを4月から8月にかけ実施しています。「生徒を採用するだけが支援の方法ではないのではないか」との考えのもと、毎年約10名から20名程度参加され時計組立の基礎を学ばれております。2011年度には、これらの取り組みが評価され「ものづくり日本大賞」青少年支援部門優秀賞を受賞しました。

子ども科学工作教室(1988年~)

シチズン時計マニュファクチャリング飯田工場

子ども科学工作教室(1988年~)

長野県飯田市、飯田市美術博物館、長野県テクノ財団が主催する「子ども科学工作教室」が年4回開かれています。シチズン時計マニュファクチャリング飯田工場は、1講座を担当して講師を派遣し、ものづくりの楽しさ、喜びを体験する機会を提供しています。また、「自社製品・技術開発力」の時間では地元企業が世界に誇れる製品・部品を製造していることが紹介され、子供たちの人気メニューとなっています。