ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
一人あたりウオッチ所有個数は3.7個
調査概要この調査の目次へ

ウオッチのズレ、過半数は「ひと月5秒〜10秒以内」までならOK


Q

ウオッチの精度について、あなたはひと月にどの程度のズレまでなら耐えられますか?

ウオッチのズレ、過半数は「ひと月5秒〜10秒以内」までならOK

ウオッチの精度について、あなたはひと月にどの程度のズレまでなら耐えられますか?(%)

  全体 男性 女性 20代 30代 40代 50代〜
5秒程度 28.8 27.9 29.5 25.4 28.3 29.2 40.5
10秒程度 24.2 32.5 17.0 15.6 25.3 29.2 40.5
30秒程度 19.7 22.7 17.0 18.0 23.2 22.2 10.8
1分程度 19.4 13.0 25.0 27.0 17.2 16.7 5.4
2〜3分程度 7.9 3.9 11.4 13.9 6.1 2.8 2.7

では、ウオッチの時間精度そのものについてはどうでしょうか。
ひと月のズレについて、『5秒程度なら耐えられる』が最も多く28.8%。次いで『10秒程度』が24.2%でした。両者を合わせると過半数の53%が許容範囲を「5秒〜10秒程度以内」と捉えています。ちなみに現在のクオーツ時計の精度は、高精度モデルで年差±5秒、一般的な標準モデルで月差±15秒といったところで、電波時計は誤差ゼロです。

なお、女性は『5秒程度』(29.5%)の〈厳格派〉と、『1分程度』(25.0%)の〈のんびり派〉に分かれ、年代別では50代が最も精度に厳しく『5秒』『10秒』合わせて8割でした。逆に20代は『1分』『2〜3分』を合わせると4割を超えています。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ