ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
「ウオッチの所有と意識」に関するアンケート
調査概要この調査の目次へ

全体の55.0%が、「消耗品感覚」


Q

ウオッチに対するイメージは、「一生もの」か?「消耗品感覚」か?

全体の55.0%が、「消耗品感覚」

ウオッチに対するイメージは、「一生もの」か?「消耗品感覚」か?

ウオッチは「一生もの」か、「消耗品感覚」か。
結果は、全体の55.0%が「消耗品感覚」と答えています。
電池式のクォーツが主流となり、どこでもバラエティに富んだウオッチが買えるようになった現在、「1個を大切に使う」から「消耗品感覚でいろいろ使う」ようになったようです。
一方、20代の6割が時計を「一生もの」と考えています。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ