ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ

『社会人1年目の仕事と時間意識』調査

調査概要この調査の目次へ

はじめに

シチズン時計(本社:東京都西東京市、社長:戸倉敏夫)は、全国の新入社員(2017年春入社)400人を対象に、「社会人1年目の仕事と時間意識」調査を実施しました。
就職活動日程などの変化がありながら、新卒の採用に積極的な企業が目立ち、就職氷河期は終息したと見られる2017年の新入社員。入社から約半年経った彼らの社会人としての意識を、“時間”という切り口から探ってみました。

【調査概要】

  • 調査期間
    2017年9月22日~9月26日
  • 調査方法
    インターネットによる調査
    (インターネット調査会社を通じてサンプリング・集計)
  • 調査対象
    全国の2017年春入社の社会人(正規雇用のみ)
    サンプル数400人(男性200人、女性200人)
    最終学歴が、専門学校、短期大学、4年制大学、大学院の方。

文中・表内の百分率(パーセント)の数値は小数点第2位を四捨五入しています。
そのため、合計が100%にならない場合があります。

前のページへ戻るこの調査の目次へ