ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
ビジネスパーソンの「“仮想”と“現実”のイメージ時間」
調査概要時間の目次へ

「現実」世界のイメージ時間《ビジネス編》

◇午前10時はビジネス最適時刻!!
―――集中力・発想力が高まる
◇オフィスの明かりが消える時刻は「午後8時」
◇プレミアムフライデーの退社時刻は「午後6時」
――浸透はこれから?

Q

仕事に最も集中できる時刻は「午前10時」

集中した時刻 TOP3
①午前10時 35.3%
②午前9時 13.0%
③午前11時 10.5%

ビジネスパーソンが最も仕事に集中できる時刻は、「午前10時」(35.3%)、「午前9時」(13.0%)、「午前11時」(10.5%)でした。
始業して少し経った頃に、仕事にノッてくる人が多いようです。

Q

アイデアがひらめく時刻は「午前10時」

集中した時刻 TOP3
①午前10時 19.8%
②午前11時 12.0%
③午後2時 7.8%

グッドアイデアがひらめく時刻のトップ3は、「午前10時」(19.8%)、「午前11時」(12.0%)、「午後2時」(7.8%)です。前の設問を踏まえると、集中している時間に、発想力も研ぎ澄まされるということでしょうか。

Q

会議が始まる時刻は「午前10時」

集中した時刻 TOP3
①午前10時 23.3%
②午前9時 14.5%
③午後1時 13.0%

集中力と発想力を発揮したいのが、会議の時間です。会議の始まるイメージ時刻は「午前10時」(23.3%)、「午前9時」(14.5%)、「午後1時」(13.0%)です。前の質問の結果を見ても、会議は午前中に行いたいところです。

Q

仕事中に息抜き(気分転換)したくなる時刻は「午後3時」

集中した時刻 TOP3
①午後3時 39.3%
②午後2時 13.5%
③午後0時 7.8%

約4割の人が、気分転換したくなる時刻として「午後3時」(39.3%)をあげています。「3時のおやつ」や「アフタヌーンティー」など、上手くリフレッシュを図って、午後の業務効率アップにつなげたいものです。

Q

仕事でミスを起こしやすくなる時刻は「午後4時」と「午後2時」

集中した時刻 TOP3
①午後4時 16.8%
②午後2時 16.3%
③午後3時 13.5%

ミスをしやすくなる時刻は「午後4時」(16.8%)、「午後2時」(16.3%)、「午後3時」(13.5%)と、いずれも午後に集中しました。
特に割合の高かった、40代以上の男性と20・30代の女性にとって、「午後4時」は鬼門のようです。

Q

オフィスの明かりが消える時刻は「午後8時」

集中した時刻 TOP3
①午後8時 20.8%
②午後9時 15.0%
③午後10時 14.3%

長時間労働の是正など、働き方改革元年と言われる2017年ですが、オフィスの明かりが消える時刻のイメージはどうでしょうか?
結果は「午後8時」(20.8%)、「午後9時」(15.0%)、「午後10時」(14.3%)でした。まだまだ「午後6時」(8.3%)、「午後7時」(10.0%)はイメージしにくいようです。

Q

プレミアムフライデーに会社を出る時刻は「午後6時」

集中した時刻 TOP3
①午後6時 21.5%
②午後3時 18.8%
③午後5時 15.8%

月末の金曜日に午後3時退社を推奨し、個人消費を喚起するプレミアムフライデー。しかし、ビジネスパーソンの退社時刻のイメージは「午後6時」(21.5%)が最多でした。続いて「午後3時」(18.8%)、「午後5時」(15.8%)です。イメージとしては政府推奨の午後3時ですが、実際に会社を出ているのは午後6時ということでしょうか。プレミアムフライデーの浸透は、これからのようです。

前の調査へこの調査の目次へ