ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
「子どもの時間感覚」35年の推移
調査概要この調査の目次へ

約束時間は“時間キッカリ型”の傾向がより鮮明に

Q

あなたは友だちとの約束時間を守りますか?

友だちとの約束時間
  2016年 2001年 1981年
いつも5分以上前に着くようにしている 22.3 25.9 43.5
いつも2〜3分前には着くようにしている 35.5 42.8 41.3
約束の時間キッカリに着くようにしている 29.8 20.3 5.4
いつも少し遅れてしまう 12.5 10.7 9.8
無回答 - 0.3 -

(%)

今も昔も約9割は友だちとの約束時間を守っていますが、その中身には変化が見られます。
約束時間ちょうどに着く“時間キッカリ型”の子どもたちが大幅に増え(5.4%→20.3%→29.8%)、全体の3分の1になりました。その分「5分以上前」(43.5%→25.9%→22.3%)、「2〜3分前」(41.3→42.8→35.5)の“時間余裕型”が減少しました。
2001年の調査で強まった “時間キッカリ型”の傾向が、より顕著になりました。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ