ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
「子どもの時間感覚」35年の推移
調査概要この調査の目次へ

好きな時間は「帰宅後の自由時間」、
嫌いな時間はいつの世も「学校に行くまでの朝時間」

Q

1日(学校がある日)のうちで「好きな時間」、「嫌いな時間」は?

好きな時間
2016年 2001年 1981年
①午後7時 16.0 ①午後3時 25.6 ①午後2:01〜4:00 25.5
②午後8時 12.5 ②午後7時 19.4 ②午後6:01〜8:00 23.4
③午後4時 11.5 ③午後4時 14.2 ③午後4:01〜6:00 14.9

(%)

嫌いな時間
2016年 2001年 1981年
①午前7時 38.3 ①午前7時 29.0 ①午前6:01〜8:00 36.9
②午前6時 28.8 ②午前6時 14.4 ②午前8:01〜10:00 23.4
③午前8時 7.3 ③午後5時 10.7 ③午前6:00以前 12.3

(%)

子どもたちの好きな時間、嫌いな時間とその理由を訊いてみました。
1981年と2001年の調査では、“好きな時間”のトップが午後3時頃の「学校が終わる間」であったのに対して、今回の調査ではそれよりも遅い時間=午後7時〜8時が上位にきました。
午後7時や午後8時を選んだ子どもたちの理由としては、「家族で晩ご飯の時間」(回答:午後7時)、「自由時間がはじまるから」(回答:午後7時)「テレビやゲームができるから」(回答:午後8時)、などが挙げられました。子どもたちが好きな時間は、学校や塾がひと段落して自由な時間を過ごせる「帰宅後の自由時間」と言えそうです。
“嫌いな時間”帯は35年間で一貫して、午前6時〜8時までの「起きてから学校が始まるまでの朝時間」です。朝の時間が嫌いなのは、いつの時代も変わらぬようです。
また少数回答としては、午前0時や午前2時を挙げて「幽霊が出そう」という小学生らしいものもありました。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ