ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
「子どもの時間感覚」35年の推移
調査概要時間の目次へ

大切な時間は①「睡眠」、②「食事」、③「家族と一緒にいる」「ゲーム」の時間は大切であり(5位)、無駄(2位)でもある

Q

.あなたにとって「大切な時間」と「無駄な時間」は?

「大切な時間」トップ5
2016年 2001年 1981年
①睡眠 51.8 ①睡眠 60.7 ①睡眠 66.6
②食事 48.8 ②食事 41.4 ②家で勉強・
読書する
43.2
③家族と一緒に
いる
41.0 ③家族と一緒に
いる
41.4 ③食事 41.6
④学校の友だち
との付き合い
39.5 ④学校の友だち
との付き合い
32.8 ④スポーツ 38.8
⑤ゲーム 25.0 ⑤家で勉強・
読書する
25.2 ⑤家族と一緒に
いる
31.9

(%)

「無駄な時間」トップ5
2016年 2001年 1981年
①EメールやSNS 47.0 ①ゲーム 45.5 ①音楽を聴く 58.0
②ゲーム 37.3 ②電話(携帯含む) 44.5 ②テレビを見る 53.3
③電話(携帯含む) 34.8 ③EメールやSNS 32.4 ③学習塾で勉強する 38.8
④通学 33.5 ④通学 26.6 ④通学 33.4
⑤お風呂 19.3 ⑤テレビを見る 24.1 ⑤学校以外の
友だちとの付き合い
23.3

(%)

子どもたちの一日(平日)の生活のなかで大切な時間、無駄な時間とはどんな時間なのか、時間に対する“意識”を尋ねてみました。
<大切な時間>は「睡眠」(51.8%)、「食事」(48.8%)、「家族と一緒にいる」(41.0%)がトップ3と、いずれも子どもの成長に大切な時間が上位に入りました。こうした行為を大切な時間だと考える意識は、調査開始以来35年が経った今も変わらないようです。ただし、「睡眠」を大切と考える割合は35年間で約15ポイント(66.6→51.8%)減少しています。その他では、「家で勉強・読書する」時間(8位)が減少傾向(43.2%→25.2%→16.0%)となりました。
<無駄な時間>は、「EメールやSNS」(47.0%)、「ゲーム」(37.3%)、「電話(携帯含む)」(34.8%)となりました。1981年のトップ3項目(「音楽を聴く」「テレビを見る」「学習塾で勉強する」)と比べるとガラリと変わっており、35 年間で生活様式が大きく様変わりしました。「EメールやSNS」についてはあまり使わせないよう、親が管理しているのかもしれません。
また「ゲーム」については、大切と考える子どもが、この15年で約13ポイントアップ(11.7%→25.0%)。一方で無駄な時間として挙げる割合も2位(37.3%)ということから、「無駄だと思っていてもなかなかやめられない」「制限されているからこそゲームをしたい」という子どもたちの心理を想像することができます。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ