ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
『ワーキングマザーの生活時間』
調査概要この調査の目次へ

理想の勤務時間は6時間。現状より1〜2時間減らしたい

Q

育児、仕事どちらも過不足なく実行できる「理想の勤務時間」は何時間ですか。

“理想の勤務時間”を聞きました。
トップは「6時間」(43.5%)、次いで「5時間」(23.0%)でした。現在の勤務時間の平均は6時間58分(問1参照)でしたので、育児、仕事を過不足なく行うには、現状より「1〜2時間程度減らしたい」というのが本音のようです。
「夕食の準備や買い物にもゆっくり時間を費やせるし自分の時間も少しはある。」(6時間・30代)、「家事に余裕が持てる分、子供とも心にゆとりをもって接し育児をする事ができる。」(5時間・30代)と、5〜6時間が余裕を持って家事や育児ができる勤務時間のようです。


3番目に多い「7時間」(12.3%)の人は「6時間の時短勤務だと仕事が進まないし、8時間のフル勤務だと帰宅後が慌しすぎる。」(30代)、「7時間の時短勤務だったが、仕事の疲れもさほど強くなく家事をする余裕があった。」(20代)と答えています。
また、約1割ですが「8時間」以上とした人がいます。理由としては「時短だと仕事のストレスが半端ではない。」(8時間・30代)、「もっと働きたいが、子供との時間を優先するにはこれ位が限界。」(9時間・30代)という回答もありました。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ