ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
『ビジネスマンの生活時間』 35年の推移
調査概要この調査の目次へ

帰宅時間 「遅くなる日はない」は3人に1人に増える

Q

1週間の中で、あなたの帰宅が遅くなるのは何曜日が多いですか?

(複数回答、%)

  2015年 2010年 2000年 1990年 1980年
月曜 27.3 24.0 37.0 33.9 34.1
火曜 16.5 21.8 23.6 26.5 24.0
水曜 10.5 8.3 19.1 16.0 20.4
木曜 18.3 23.3 33.3 40.1 22.0
金曜 35.0 35.5 63.9 74.5 71.0
土曜 8.8 10.0 6.7 7.7 20.4
日曜 3.5 5.3
ない 31.0 26.8

帰宅が遅くなる曜日を聞いたところ、31.0%と3人に1人が「遅くなる日はない」と回答。4人に1人だった5年前(26.8%)より増えました。
曜日別では“金曜遅く、水曜は早い”というパターンはこの35年間変わっていません。しかし、“金曜の遅帰り”の割合は2010年に大幅に減り、今回も同レベル(微減)でした。その分「ない」が増えているとも言えます。
金曜日では、「仕事の一週間のまとめをする必要がある」(30代)という人がいる一方、「飲み会等が多いから」(50代)という人もいました。
次いで多いのが月曜日(27.3%)でした。「休みの間の仕事がたまっている」(50代)と週明けの忙しさを理由に挙げる声が多い中、「体力のあるうちに仕事をこなしたいから」(20代)とスタートダッシュをかけるという声もありました。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ