ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ

ビジネスパーソンに聞く『景気と時間』

調査概要この調査の目次へ

はじめに

シチズンホールディングス株式会社(本社:東京都西東京市、社長:戸倉 敏夫)では、時の記念日(6月10日)を前に、『景気と時間』をテーマにアンケートを実施しました。

この1年、円安・株高、デフレ改善といった動きが表れ、景気は回復傾向にあると言われる中で、消費増税がこの4月に実施されました。このような景気や経済の動きは、私たちの日常生活にも影響を与えています。全国のビジネスパーソン400人を対象に、家庭や会社での生活時間が、景気の動向を受けどのように変化したかを探ってみました。

以下はその結果です。

<時の記念日について>

大正9年(1920年)に生活改善同盟会によって制定。“天智天皇が天智10年4月25日に漏刻(水時計)を設置し、初めて人々に時を知らせた”という「日本書記」の記載が由来で、現在の歴では西暦671年6月10日にあたることから、この日が「時の記念日」とされました。


【調査概要】

  • 調査期間
    2014年4月10日〜4月13日
  • 調査方法
    インターネットによる調査
    (インターネット調査会社を通じてサンプリング・集計)
  • 対象
    全国のビジネスパーソン(既婚・子ども有)400人
(人)
  20代 30代 40代 50代〜 合計
男性 50 50 50 50 200
女性 50 50 50 50 200
合計 100 100 100 100 400
前のページへ戻るこの調査の目次へ