ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
『現代人の“時感”』意識
調査概要この調査の目次へ

よく使うあの一言の、時間の目安は?

Q

下記は主にビジネス行動で使われる言葉ですが、何時頃もしくはどのくらいの長さと感じますか?

1

なるはやでお願いします 30分が多数も5分の割合も多い 仕事で使うには注意

(単位:%)
  5分 10分 20分 30分 40分 50分 1時間 1時間30分 2時間 平均値
全体 22.5 20.3 6.5 26.8 1.0 0.8 16.5 0.8 5.0 29分49秒
男性 23.5 20.5 4.5 27.0 0.5 0.5 17.0 0.5 6.0 30分31秒
女性 21.5 20.0 8.5 26.5 1.5 1.0 16.0 1.0 4.0 29分07秒
20代 23.0 23.0 5.0 25.0 3.0 0.0 17.0 0.0 4.0 28分09秒
30代 20.0 14.0 5.0 29.0 0.0 2.0 21.0 2.0 7.0 35分54秒
40代 28.0 17.0 7.0 24.0 0.0 1.0 15.0 1.0 7.0 30分30秒
50代 19.0 27.0 9.0 29.0 1.0 0.0 13.0 0.0 2.0 24分45秒

「なるべく早く」を省略した「なるはや」。依頼事を早めの対応でお願いするときに、耳にする言葉ですが、「30分」(26.8%)、「5分」(22.5%)、「10分」(20.3%)の順でした。平均値は29分49秒ですので、目安は30分以内というところですが、「5分」の割合も高いのが特徴です。
このように、人によって大きく時間の感覚が異なるため、ビジネス上で使うときには注意が必要な言葉と言えるでしょう。

2

すぐ処理 30分以内が常識

(単位:%)
  10分 20分 30分 40分 50分 1時間 1時間30分 2時間 平均値
全体 47.5 9.0 25.3 0.8 1.0 14.0 0.3 2.3 26分15秒
男性 45.0 7.0 27.0 0.5 1.5 15.0 0.0 4.0 28分45秒
女性 50.0 11.0 23.5 1.0 0.5 13.0 0.5 0.5 23分45秒
20代 46.0 12.0 28.0 1.0 2.0 8.0 0.0 3.0 25分12秒
30代 45.0 7.0 24.0 0.0 1.0 22.0 0.0 1.0 28分00秒
40代 50.0 8.0 21.0 1.0 0.0 15.0 1.0 4.0 28分00秒
50代以上 49.0 9.0 28.0 1.0 1.0 11.0 0.0 1.0 23分48秒

4割強(47.5%)が「10分」、次いで「30分」(25.3%)でした。「20分」(9.0%)を加えると、8割(81.8%)となり、できれば“10分”、遅くとも“30分以内”というのがひとつの目安のようです。
“30分以内”の割合は女性(84.5%)が男性(79.0%)を上回り、また「10分」の割合も高く(50.0%>45.0%)、男性に比べスピーディなようです。

3

さくっと終わらせます 気持よく仕事が片付くのは30分以内

(単位:%)
  5分 10分 20分 30分 40分 50分 1時間 1時間30分 2時間 平均値
全体 24.3 21.3 8.3 25.3 0.8 1.0 16.3 0.5 2.5 26分33秒
男性 23.0 20.5 9.5 24.5 0.5 0.5 19.0 0.0 2.5 27分18秒
女性 25.5 22.0 7.0 26.0 1.0 1.5 13.5 1.0 2.5 25分49秒
20代 20.0 24.0 11.0 23.0 1.0 2.0 15.0 1.0 3.0 27分24秒
30代 20.0 22.0 7.0 29.0 1.0 1.0 15.0 1.0 4.0 28分54秒
40代 31.0 21.0 7.0 19.0 0.0 1.0 19.0 0.0 2.0 25分03秒
50代 26.0 18.0 8.0 30.0 1.0 0.0 16.0 0.0 1.0 24分54秒

「軽めに」、「テキパキと」 などの意味がありますが、時間としてとらえるとどのくらいなのでしょうか。結果は「30分」(25.3%)「5分」(24.3%)「10分」(21.3%)の順でした。広辞苑では、「ものごとが気持ちよく、あっさり片付くさま」とあり、気持よく仕事を片付けられる時間は30分以内と言えます。

「なるはやでお願いします」、「すぐ処理」、「さくっと(終わらせます)」の平均時間などをみると、ビジネスにおけるスピードが求められることは「30分」が目安と言えます。また、男性に比べ、女性は平均時間が早い傾向にあるようです。

4

この件はしばらく考えさせてください 長くても3〜4日

(単位:%)
  半日 1日 2日 3〜4日 5日 1週間 半月 1カ月
全体 7.0 26.0 21.3 29.5 2.5 11.3 0.5 2.0
男性 7.0 22.5 20.5 32.5 1.5 12.5 0.5 3.0
女性 7.0 29.5 22.0 26.5 3.5 10.0 0.5 1.0
20代 7.0 23.0 19.0 31.0 4.0 13.0 0.0 3.0
30代 6.0 18.0 20.0 34.0 4.0 14.0 1.0 3.0
40代 9.0 29.0 24.0 24.0 1.0 10.0 1.0 2.0
50代以上 6.0 34.0 22.0 29.0 1.0 8.0 0.0 0.0

判断が難しい案件などの場合、このような受け答えがされます。「3〜4日」(29.5%)、「1日」(26.0%)、「2日」(21.3%)に集中しました。一方、「1週間」と回答している人も1割(11.3%)いました。

5

近いうち食事しましょう 社交辞令?「実際にはしない」が2割

(単位:%)
  1週間後 1か月後 2〜3か月後 半年後 1年後 実際にはしない
全体 21.0 47.5 10.8 1.5 0.0 19.3
男性 21.5 50.5 10.5 1.0 0.0 16.5
女性 20.5 44.5 11.0 2.0 0.0 22.0
20代 19.0 52.0 8.0 3.0 0.0 18.0
30代 21.0 46.0 10.0 0.0 0.0 23.0
40代 19.0 47.0 12.0 2.0 0.0 20.0
50代 25.0 45.0 13.0 1.0 0.0 16.0

よく使う言葉ですが、これも曖昧で、どのくらい先のことを想定しているのでしょうか。
結果は「1ヵ月後」(47.5%)が最も多く、次いで「1週間後」(21.0%)と、1か月以内が目安のようです。
ただし、「実際はしない」と全体の約2割(19.3%)の人が回答しており、社交辞令的に使う言葉とも言えます。また、男性より女性の割合が多いのが特徴で、女性たちの2割以上(22.0%)が「アテにならない」もしくは「するつもりはない」と考えているようです。
ところで「実際にはしない」は、2006年の前回調査では男性21.0%、女性15.0%でしたので、男女の比率が逆転しました。女性の“社交辞令”が増加しました。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ