ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
『現代人の“時感”』意識
調査概要この調査の目次へ

日常会話での「時に関する言葉」

Q

下記の時に関する言葉について、「何時ごろ」を指すのか、あなたの感覚でお答えください。

1

未明 2時少し前から4時過ぎ頃まで

(平均値)
  何時から 何時まで
全体 1時53分 4時07分
男性 1時59分 4時17分
女性 1時48分 3時58分
20代 1時30分 4時03分
30代 1時59分 4時09分
40代 1時51分 4時04分
50代 2時14分 4時13分

※表の数値は、回答項目(「何時から」、「何時まで」、「何時以降/頃」)それぞれの平均時間です。

始まりの時間、終わりの時間の各平均値を見ますと、「未明」とは1時53分から4時07分までという結果でした。
「未明」は広辞苑によると「夜がまだすっきり明けきらないとき」です。調査時期(10月12日〜14日)の日の出は、東京で5時45分でしたので、辞書の意味よりかなり早い時間帯を未明と捉えています。
一方、報道機関や気象庁は0時〜3時を「未明」としていますが、調査結果はこちらともズレがあります。年代別では、始まりの時間が20代は1時30分であるのに対し、50代は2時14分で44分の開きがあります。

2

早朝 4時半頃から6時15分頃まで

(平均値)
  何時から 何時まで
全体 4時37分 6時15分
男性 4時39分 6時21分
女性 4時35分 6時09分
20代 4時30分 6時20分
30代 4時37分 6時12分
40代 4時42分 6時13分
50代 4時39分 6時16分

※表の数値は、回答項目(「何時から」、「何時まで」、「何時以降/頃」)それぞれの平均時間です。

広辞苑では「早朝」は「あさはやいうち」とあります。
4時37分から6時15分までの2時間弱程度を「早朝」と感じる人が多いようです。
女性と20代が若干「早朝」感覚が早いようです。

3

昼下がり 12時半頃から14時過ぎ頃まで

(平均値)
  何時から 何時まで
全体 12時35分 14時12分
男性 12時37分 14時15分
女性 12時33分 14時09分
20代 12時30分 14時15分
30代 12時30分 14時06分
40代 12時40分 14時14分
50代 13時41分 14時15分

※表の数値は、回答項目(「何時から」、「何時まで」、「何時以降/頃」)それぞれの平均時間です。

12時35分から14時12分までが「昼下がり」の感覚でした。広辞苑では「正午を少し過ぎた頃。午後2時頃」とあり、ほぼ同じ“時感”のようです。

4

宵の口 18時20分過ぎから20時少し前まで

(平均値)
  何時から 何時まで
全体 18時21分 19時55分
男性 18時16分 19時53分
女性 18時26分 19時58分
20代 17時54分 19時31分
30代 18時32分 20時09分
40代 18時24分 19時57分
50代 18時34分 20時05分

※表の数値は、回答項目(「何時から」、「何時まで」、「何時以降/頃」)それぞれの平均時間です。

18時21分から19時55分までという結果で、前回(06年)調査の「19時12分から20時48分まで」と比較すると、50分程度早くなっています。
長く続くデフレ不況や、リーマンショック(08年)、震災(11年)などによる、生活スタイルの変化から(夜遊びしない、外で飲食しない、自分・家族の生活を大切にするなど)、終業後すぐ帰宅することが「宵」を早く感じることにつながっているのかもしれません。特に“離れ世代”(※)と言われる20代は、始まり時間が前回調査より1時間48分も早く(06年:19時42分→13年:17時54分)なっています。
こうした傾向は、景気回復基調と言うものの、まだ身の回りにその実感はないことの現れかもしれません。なお、広辞苑では「日が暮れてまもない時」ですので、本来の意味に感覚が近づいたと言えそうです。

(※)離れ世代:「車離れ」や「酒離れ」など、モノへの欲求が薄れてきている若い世代。

5

真夜中 23時40分頃から午前2時頃まで

(平均値)
  何時から 何時まで
全体 23時37分 2時04分
男性 23時26分 2時07分
女性 23時47分 2時02分
20代 23時27分 1時59分
30代 23時38分 2時18分
40代 23時43分 2時01分
50代 23時39分 2時00分

※表の数値は、回答項目(「何時から」、「何時まで」、「何時以降/頃」)それぞれの平均時間です。

広辞苑では「夜のもっともふけた時。深夜」とありますが、23時37分から2時04分までを「真夜中」と感じるようです。

6

夜更かし 午前1時を過ぎて起きていること 夜更かしの度合いは遅くなる傾向

(平均値)
  13年
何時以降
06年
何時以降
全体 1時04分 0時12分
男性 1時06分 0時12分
女性 1時01分 0時12分
20代 0時28分 0時30分
30代 1時00分 0時24分
40代 1時24分 0時12分
50代 1時23分 23時48分

※表の数値は、回答項目(「何時から」、「何時まで」、「何時以降/頃」)それぞれの平均時間です。

広辞苑では「夜遅くまでおきていること」とあります。
結果は1時04分以降で、前回調査の「0時12分以降」と比べ、「夜更かし」と言われる時間が、50分程度遅くなっています。
帰宅してからの生活を大事にしているせいか、日付が変わるまで起きていることが多いようです。
また、前回調査では年代が上がるにつれ「夜更かし」と感じる時間が少しずつ早くなっていましたが、今回は逆に年代が上がるにつれ遅くなるという不思議な逆転現象が起こっています。

7

午前様 2時30分以降の帰宅 若い世代には死語?

(平均値)
  13年
何時以降
06年
何時以降
全体 2時30分 1時18分
男性 2時32分 1時30分
女性 2時27分 1時12分
20代 4時18分 2時00分
30代 2時21分 0時54分
40代 1時36分 1時06分
50代 1時44分 1時24分

※表の数値は、回答項目(「何時から」、「何時まで」、「何時以降/頃」)それぞれの平均時間です。

年代別 選択肢の割合(単位:%)
  23時 0時 1時 2時 3時 4時 5時 6時 7時 8時 9時 10時 11時 12時
20代 1.0 28.0 7.0 3.0 7.0 6.0 13.0 3.0 8.0 3.0 4.0 14.0 2.0 1.0
30代 1.0 45.0 16.0 6.0 5.0 5.0 6.0 3.0 2.0 2.0 2.0 3.0 0.0 4.0
40代 1.0 53.0 14.0 8.0 5.0 4.0 7.0 4.0 1.0 0.0 0.0 1.0 0.0 2.0
50代 0.0 51.0 18.0 2.0 8.0 6.0 8.0 3.0 0.0 0.0 0.0 1.0 0.0 3.0

広辞苑では「(酒を飲み、また遊び過ごして)帰宅が深夜12時過ぎになること」ですが、現代人は2時30分以降の帰宅を「午前様」としています。
前回調査より1時間12分程度遅くなっていますが、特に20代は4時18分以降と極端です。20代は、午前7時以降の項目(午後12時まで)を選択した人が3割と、この言葉を「午前の時間」という意味に取っている人がかなりいるようで、この世代にとって「死語」といえるかもしれません。

8

朝帰り 4時半過ぎから7時頃まで

 

(平均値)
  何時から 何時まで
全体 4時38分 6時57分
男性 4時44分 7時00分
女性 4時32分 6時54分
20代 4時33分 7時09分
30代 4時43分 7時05分
40代 4時36分 6時39分
50代 4時40分 6時57分

※表の数値は、回答項目(「何時から」、「何時まで」、「何時以降/頃」)それぞれの平均時間です。

広辞苑では「外泊して、朝、家に帰ること」を指す「朝帰り」。
午前様よりもさらに遅い帰宅で、世代別に大きな変化はなく、こちらは4時38分から6時57分というのが現代人の感覚でした。

この調査の目次へ次の調査へ