ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ

「社会人1年目の時間と仕事」調査

調査概要この調査の目次へ

はじめに

シチズンホールディングス株式会社(本社:東京都西東京市、社長:戸倉敏夫)は、全国の新入社員(2012年春入社)300人を対象に時間意識調査「社会人1年目の時間と仕事」を実施しました。
折しも2014年春採用の就職戦線真っ只中ですが、一足先に世に出た社会人1年生の行動や意識を、仕事(職場)と時間との関係から探ってみました。


【調査概要】

  • 調査期間
    2012年12月18日〜24日
  • 調査方法
    インターネット調査
  • 調査対象
    全国の2012年春入社の社会人(正規雇用のみ、公務員含む)
    最終学歴が、専門学校、短期大学、4年生大学、大学院の方。
    オフィスワークを中心とする方(下記職種)
    <対象職種>営業、財務/会計/経理、総務/労務/人事、法務、受付、購買/物流、仕入/商品管理、一般事務/営業事務、企画/広報、生産技術/品質管理、マーケティング/広告宣伝/市場調査、経営管理/コンサルタント
  • サンプル数
    300人(男性150人、女性150人)
最終学歴 全体 男性 女性
大学院 37 33 4
4年生大学 239 106 133
短期大学 6 2 4
専門学校 18 9 9
総計 300 150 150
最終学歴 年齢
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 総計
大学院     2 8 19 3 1 2 1 1 37
4年生大学   51 128 37 14 5 1 2 1   239
短期大学 3 1 1   1           6
専門学校 8 3 4 1 2           18
総計 11 55 135 46 36 8 2 4 2 1 300
前のページへ戻るこの調査の目次へ