ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
「社会人1年目の時間と仕事」調査
調査概要この調査の目次へ

アフター5に異変!
職場コミュニケーションとしての“飲み会”に危機

Q

退社後、上司や先輩との食事会や飲み会は、1ヵ月にどのくらいですか。
回数および1回あたりの時間をお答えください。

※「1回あたりの時間」は、回数で「ない」を選んだ方を引いた数をN値としています。

(%)

1ヵ月の回数
  全体 男性 女性
1回 38.7 37.3 40.0
2回 11.7 12.0 11.3
3回 5.7 7.3 4.0
4回 1.7 1.3 2.0
5回 1.3 0.7 2.0
6回 0.7 - 1.3
7回 0.3 - 0.7
8回 0.3 - 0.7
9回 - - -
10回以上 0.7 1.3 -
ない 39.0 40.0 38.0

(%)

1回あたりの時間
  全体
(N=183)
男性
(N=90)
女性
(N=93)
30分未満 3.8 4.4 3.2
30分 1.1 2.2 -
1時間 3.8 4.4 3.2
1時間半 4.9 6.7 3.2
2時間 32.2 31.1 33.3
2時間半 21.3 20.0 22.6
3時間 21.9 20.0 23.7
3時間半 3.8 1.1 6.5
4時間 3.3 5.6 1.1
4時間半 - - -
5時間以上 3.8 4.4 3.2

結果は「ない」(39.0%)もしくは、あっても「1回」(38.7%)でした。以前はアフター5になると部署内で飲みに行く光景を目にしたものですが、最近の若者は、プライベートの時間を大切にする傾向があるのか、飲み会への参加意欲が低いようです。
また、1回あたりの時間をみても、4人に3人(75.4%)が2時間〜3時間と回答(「2時間」、「2時間半」、「3時間」の合計)。この結果からも、せいぜい1次会止まりで、2次・3次会は無いようです。
また、この不況下で上司の財布のヒモは固く、飲み会自体の誘いが減っているということも考えられます。職場のコミュニケーションとしての、飲み会が減り、会社文化が変化してしまったと言えるかもしれません。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ