ヘッダーとメニューをスキップ
シチズン意識調査トップページへ
「親子のふれあい時間」調査
調査概要この調査の目次へ

親子の会話「先生」が増え「生活回り」が減少、
世間の動きに関心も


Q

お子さんとの会話はどんな内容が多いですか。

親子の会話「先生」が増え「生活回り」が減少、世間の動きに関心も


複数回答
  2012年 2007年
全体 低学年 高学年 男子 女子 全体 低学年 高学年 男子 女子
友達のこと 67.3 72.5 62.0 65.5 69.0 73.3 80.7 66.0 69.3 77.3
学校行事のこと 55.5 57.0 54.0 52.5 58.5 58.7 58.7 58.7 60.0 57.3
ゲームなど
遊びのこと
28.0 29.0 27.0 34.5 21.5 36.7 42.0 31.3 45.3 28.0
習い事やクラブ活動のこと 24.8 24.5 25.0 28.0 21.5 26.0 19.3 32.7 22.7 29.3
先生のこと 24.3 21.0 27.5 25.0 23.5 19.3 20.0 18.7 15.3 23.3
世間話 18.3 18.5 18.0 14.5 22.0 2.0 2.7 1.3 2.0 2.0
衣食など生活まわりのこと 17.5 19.0 16.0 14.0 21.0 29.3 31.3 27.3 31.3 27.3
塾・勉強のこと 14.3 11.0 17.5 13.5 15.0 20.7 14.7 26.7 18.7 22.7
社会一般の
話題
8.3 7.0 9.5 9.0 7.5 4.7 2.0 7.3 4.7 4.7
芸能、スポーツの話題 8.3 4.5 12.0 7.5 9.0 7.3 7.3 7.3 6.7 8.0
ペットのこと 5.5 6.0 5.0 3.5 7.5 9.3 8.7 10.0 10.7 8.0
旅行の話 3.5 5.0 2.0 3.5 3.5 2.0 2.7 1.3 1.3 2.7

※「旅行の話」は、2007年調査時の「田舎、旅行の話」から項目名を変更。
※「世間話」は、2007年調査時の「親の世間話」から項目名を変更。

親子の会話は、「友達」67.3%「学校行事」55.5%、「ゲームなど遊び」28%、「習い事やクラブ活動」24.8%、「先生」24.3%がトップ5です。5年前と比べると、「先生」と「衣食など生活まわり」が入れ替わりました。「先生」を除いて上位4項目が減少しているのが特徴的です。
トップ5以外では、「世間話」「社会一般」「芸能、スポーツ」など家庭外の話題が増え、「衣食など生活まわり」「塾・勉強」「ペット」が減っています。携帯電話の普及やネット環境の充実によって、子どもたちも世の中の動きに関心が向いてきていると言えるのかもしれません。

前の調査へこの調査の目次へ次の調査へ